オコン「SCラン中にリヤブレーキから出火。修復できずリタイアするしかなかった」:ルノー F1第9戦決勝

 2020年F1第9戦トスカーナGPの決勝レースが行われ、ルノーのエステバン・オコンは、リヤブレーキに問題を抱え、最初の赤旗中断のタイミングでリタイアに終わった。

■ルノー・DPワールド・F1チーム
エステバン・オコン 決勝=リタイア
 ブレーキがオーバーヒートして、リタイアするしかなかった。セーフティカーラン中にリヤブレーキから火が出て、クルマのリヤエンドとブレーキラインが損傷し、赤旗中断の間には修復できなかったんだ。スタートは良かったんだけど、アクシデントを回避する必要に迫られて、カルロス(・サインツJr)と僕はそこでいくつか順位を失った。

 今日のペースなら、かなりのポイントを稼げたと思う。いろいろな出来事があって、最後まで走っていれば面白いレースになっただろうね。今年はクレージーなシーズンになりそうだから、これからどうなるか興味深いし、大きな成果を手にするチャンスもまだまだあると思う。

エステバン・オコン(ルノー)
2020年F1第9戦トスカーナGP エステバン・オコン(ルノー)