ライコネン9位で今季初入賞「完璧には程遠いが貴重な2ポイントを獲得できた」アルファロメオ【F1第9戦】

 2020年F1トスカーナGP決勝で、アルファロメオのキミ・ライコネンは9位に入り、今季初入賞を果たした。

■アルファロメオ・レーシング・オーレン
キミ・ライコネン 決勝=9位
 平穏なレースではなかったことは確かだが、ようやくポイントを持ち帰ることができて、その点については満足できる。

 僕のレースは最初から大きくつまずいた。何が起きたのかはわからないが、ターン2でヒットされて、大きなダメージを負ったんだ。僕をヒットした誰かは、たぶん密集した集団があれほど減速するとは思っていなかったのだろう。だが、いずれにしても、その接触でフロアとフロントウイングの一部を失い、そのダメージでクルマのハンドリングはひどい状態になって、バランスが悪くて苦労した。ずいぶんダウンフォースが減っていたからね。

 それでも、終盤には悪くないペースでプッシュすることができた。ピットストップでのタイムロスもあったが、ありがたいことに2度目の赤旗のおかげでポイント争いに復帰できたんだ。その後、ピット入口のラインをカットしてペナルティを食らったのには参ったけど、2度目の赤旗のあとはいい感じで走れて、最終的にはひとつ順位を下げただけだった。

 やるべきことを完璧にやったと言うには程遠いレースだったものの、いろいろな問題がありながら、なお貴重な2ポイントを手にすることができた。クルマはかなり進歩していて、もっとクリーンなレースだったら、さらに上位でフィニッシュできたかもしれない。そう思うと、ちょっと残念ではあるね。ともあれ、今後のイベントでも、このパフォーマンスを維持できればいいと思っている。