「USDMマイスターが提案するワールドワイドなパーツセレクトが魅力!」アクティブワークス【SPECIAL SHOP】

北米純正アイテムはもちろん海外の社外パーツも幅広く対応!

USDM仕様を楽しむための提案力が魅力のアクティブワークスに迫る

創業から4年目という新進気鋭のカスタムショップ“Activ Works”。前職はメカニックとして、量販店で整備の腕を磨いていた代表の古関さん。当時からUSDM仕様が好きということで、そのスタイルへの拘りや造詣は深い。

「昔から接客することが大好きなんです。けれど前職の時はあくまでも、いちスタッフとしての接客だったので、一人のお客様と話をできる時間も限られていたんです。本当はもっと話をして、どんな拘りがあって、どんな仕様にしていきたいか等、ベストな選択肢をご提案したいという思いがありました。そんな気持ちの高まりから、アクティブワークスを立ち上げるに至ったんです」と古関さん。

選択されるカスタムパーツは、北米ブランドはもちろん、世界各国のパーツや、時に各国独自の仕様となる純正部品までもが対象となる。そんな細かな芸当ができるのも、専門性の高いプロショップならではだ。

このWRX STIは、そんな同社の理念が的確に表現されたチューンドだ。サイドマーカーはカナダの「クリアーズ」製で、アンバーレンズを加工して装着。サイドダクト部には内部に細かなメッシュを追加したダブルメッシュ仕様とし、バンパー内部に設置されているステーやパーツ等を目立たないように工夫されている。

特徴的なリヤウイングは「BATTLE AERO」製で、翼端板には「AERO WOLF」製をセット。このクルマのテーマカラーであるブルーをアクセントとして取り入れている。

エンジンは、EJ25用の前置きインタークーラーをはじめ、ブローオフバルブやパイピングなど吸気系は「PERRIN(ペリン)」製で統一。シック&スポーティなビジュアルと性能アップを両立させている。

マフラーは米国の総合パーツメーカーである「ARK PERFORMANCE」製。テールサイレンサーと並列されるチャンバーで独自のサウンド&ボリュームにコントロールされる。音量は控えめながらも小気味よい低音が特徴的だ。

「USDM仕様に拘りすぎると、車検に通らなくなることも多々あります。そういったケースでは部品加工をするなどして、USDMスタイルを崩さない範囲で車検適合となるようにカスタマイズしていきます。そしてカスタムのキモとも言えるアルミホイールですが、“アメ鍛”はどれも高価なものばかりです。国産ホイールでスタイリッシュに決めることもできますから、相談していただきたいですね」と古関さん。

USDMが大好きだからこそ、オーナーの気持ちが良く分かる。そんな心強いアドバイザーとなってくれるのがアクティブワークスの魅力なのだ。

●問い合わせ:アクティブワークス 福島県福島市太平寺堰ノ上52-1 TEL:024-502-8895