クビアト今季ベストの7位「難しい状況で全員ミスなく戦ったことが誇らしい」アルファタウリ・ホンダ【F1第9戦】

 2020年F1トスカーナGP決勝で、スクーデリア・アルファタウリ・ホンダのダニール・クビアトは7位入賞を果たした。

 クビアトは12番グリッドからミディアムタイヤでスタート、1回目の赤旗後はソフトタイヤで9番手からスタートし、その位置を守って走行した。6番手まで上がった後、29周目にミディアムタイヤに交換。9番手でコースに復帰し、8番手を走行していたところ2度目の赤旗に。クビアトは7番手からソフトタイヤでリスタート、ポジションをキープしてチェッカーフラッグを受け、今季自己ベストリザルトの7位を獲得した。

 レース序盤のセーフティカー後のリスタート時に発生した多重クラッシュについて、レース後、審議が行われた。クビアト、ケビン・マグヌッセン(ハース)、ニコラス・ラティフィ(ウイリアムズ)がスチュワードから聴取を受けた結果、この3人を含む12人のドライバーに対して警告がなされた。

2019年F1第9戦トスカーナGP ダニール・クビアト(アルファタウリ・ホンダ)
2019年F1第9戦トスカーナGP ダニール・クビアト(アルファタウリ・ホンダ)

■スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ
ダニール・クビアト 決勝=7位
 身体的にも精神的にも、とても難しいレースだった。だからチームとしてひとつもミスを犯さずに走り切ったことを誇りに思う。素晴らしいことだよ。

 ポイント獲得という重要な目標を達成できたので、この結果に満足しているし、自分のドライビングもよかったと思う。

 赤旗2回という難しい状況のなかで、チームは戦略的に正しい選択をし、素晴らしい仕事をしてくれた。

 僕らの後ろではたくさんの混乱が起きていたが、上位勢に変動はなかった。そのなかで7位というのはとてもいい結果だよ。今回のポイント獲得で、ランキングにおいてライバルとのギャップを縮めることもできた。