RSグレードが狙い目!?  9月16日19:30~「GRヤリス オンライン フェス」開催

■「逆転の発想」で開発されたスポーツモデル

「GRヤリス」のエクステリア

トヨタ自動車がWRC(世界ラリー選手権)を勝ち抜くために開発したホモロゲーションモデル、「GRヤリス」。WRCに学びWRCで勝つため、TMR(トミ・マキネン・レーシング)と共に一から開発を行った、TOYOTA GAZOO Racingが展開するスポーツカーシリーズ「GR」のオリジナルモデル。

WRCは市販車をベースにした競技で、チューニングレベルが厳密に規定されており、上位に入賞するには高スペックのベース車両が必要となるため、「GRヤリス」が新たに開発されました。

GRヤリスには人とクルマを鍛える「もっといいクルマづくり」への取り組みで蓄積してきた知見やノウハウが注ぎ込まれており、世界のいかなる道でも思い通りに操れるクルマを目指して誕生。「モータースポーツに必要な要素を予め盛り込んだ車両を市販化する」という逆転の発想で開発されたトヨタ自動車初のモデルです。

■「GRヤリスのすべて」をイベントで披露

今回、トヨタでは9月4日のGRヤリス発売を記念して、9月16日(水)19:30より、同車の走りを披露するオンラインイベント「GR YARIS ONLINE FES」の開催を予定。

GRヤリスの開発に込めた想いや開発ヒストリーに加え、同車の生産工場である「GR FACTORY」の紹介、さらにはスマートフォンとVRゴーグルを使ってモリゾウが駆るGRヤリスにVR同乗体験ができるイベントなども用意されています。

GRヤリスはバランスの取れた高剛性ボディの実現と併せて軽量化に注力しており、アルミ素材のエンジンフードやドアパネル、バックドアに加え、新工法で成形されたカーボン素材のルーフパネルを採用。前後バンパーも薄肉化されています。

「GRヤリス」のエンジン組み付け

2種類のパワートレーンと4種類のグレードが用意されており、「RZ」と競技用のベースモデル「RC」には新開発の小型軽量ハイパワー1.6L直3ターボエンジンを搭載。TNGAエンジンの高速燃焼コンセプトに加え、吸排気系の最適化により、3気筒エンジンとして世界最高レベルの出力(272ps/37.7kgm)を発生。

6速MT(iMT)との組み合わせにより、圧倒的な加速と心地良い回転数の伸びが感じられるエンジンに仕上げられており、そのパワーは新開発スポーツ4WDシステム“GR-FOUR”により、余すことなく全輪に伝えられます。

“GR-FOUR”には3モードが用意されており、普段乗りに適した「ノーマル」モードでは前:60/後:40、FR的な走りが可能な「スポーツ」モードでは前:30/後:70、サーキット走行に適した「トラック」モードでは前:50/後:50の比率で駆動力を配分。

また「RZ」には上位グレードとなる“High Performance”が設定されており、冷却スプレー機能付き空冷インタークーラーや、前後ディファレンシャルにトルセンLSDが標準装備されています。

■WRCマシンの雰囲気が味わえる「RS」に注目

「GRヤリス」のインテリア

GRヤリスの走りを気軽に楽めるFF仕様の「RS」には1.5L直3エンジン(120ps/14.8kgm)を搭載。パドルシフト付き10速仕様のCVTを組み合わせており、ボディやシャシー、インテリアは他のグレードと同仕様となっています。

GRヤリスの価格は、既存ヤリスのガソリンモデル(139.5万円~212.4万円)に対して265万円(RS)~456万円(RZハイパフォーマンス)の設定。

RS:1.5L直3/FF/CVT 265万円
RC:1.6L直3ターボ/4WD/6速MT 330万円
RZ:1.6L直3ターボ/4WD/6速MT 396万円
RZハイパフォーマンス:1.6L直3ターボ/4WD/6速MT 456万円

ちなみに各種情報によると、RS(265万円)についても高剛性化されたボディにより、走行会などで侮れないパフォーマンスを示すようです。

まずは今回のイベントでGRヤリスのポテンシャルに触れてみるのも良いかもしれません。

Avanti Yasunori・画像/動画:TOYOTA)