アルボンが悲願の初表彰台「絶対に逃さないと決意し、アグレッシブに戦った」レッドブル・ホンダ【F1第9戦】

 2020年F1トスカーナGP決勝で、レッドブル・ホンダのアレクサンダー・アルボンは3位でフィニッシュ、キャリアにおけるF1初表彰台を獲得した。

 レースは2度の赤旗中断をはさむ波乱の展開となった。最初のスタートをソフトタイヤで4番手からスタートしたアルボンは、赤旗後、ソフトタイヤで走行、4番手からリスタートするが、ポジションを7番手まで落とした。しかし30周目には3番手に浮上。32周目にミディアムタイヤに交換した後、5番手を走行する。

 42周目、2回目の赤旗中断になり、アルボンはソフトタイヤに交換して4番手からリスタート。いったんセルジオ・ペレス(レーシングポイント)に抜かれたもののすぐに抜き返し、その後、前を行くダニエル・リカルド(ルノー)をオーバーテイクし、51周目に3番手に上がると、59周のレースの最後までその位置を維持し、自身初のF1表彰台を獲得した。

 なお、レース序盤のリスタート時に発生したアクシデントについて審議がなされた結果、アルボンを含む12人のドライバーに対して警告がなされた。

2020年F1第9戦トスカーナGP アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)が3位を獲得
2020年F1第9戦トスカーナGP アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)が3位を獲得

■アストンマーティン・レッドブル・レーシング
アレクサンダー・アルボン 決勝=3位
 本当にハッピーだ。ここにたどり着くまで少し時間がかかった。ずっと願っていたことだが、いろいろな理由で今までつかむことができずにいた。だから今日表彰台に立つことができて、特別な気分だよ。

 チームは僕が加入した日からずっと支えてくれたから、彼らにお返しをすることができてとてもうれしい。それに、僕の能力を彼らに示すこともできた。

 タフなレースだった。楽なレースではなかったのは間違いないよ。ここは容赦のないコースだ。セクター2の高速コーナーは特に難しい。今日は何度もリスタートが行われ、難しい仕事をこなさなければならなかった。

 スタートの蹴り出しが良くなかったため、アグレッシブに行ってオーバーテイクを決めなければならなかった。マシンがとても好調だったし、ブレーキに関しても優れていることは分かっていたので、それをアドバンテージとして活用した。

 最後のリスタートでふたつポジションを落としたが、表彰台のチャンスを逃すつもりは全くなかった。闘志を燃やし、必死にプッシュして、3位をつかんだ。今日のこのリザルトがうれしくて仕方ないよ。