【順位結果】インディカー・シリーズ第11戦ミド・オハイオ/ハータが今季初勝利。琢磨は2日続けて下位に

 ミド・オハイオ・スポーツカー・コースを舞台にダブルヘッダーで開催されたNTTインディカー・シリーズ。13日に行われた第11戦は、コルトン・ハータ(アンドレッティ・ハーディング・スタインブレナー)がポール・トゥ・ウインで今季初勝利を挙げた。

 佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)は、22番グリッドからスタートし18位と2日続けて下位に沈んだ。

 通り雨で予選はウエットコンディションとなったが、午後1時からの決勝レースはドライコンディションでスタートを迎えた。

 ポールポジションからスタートしたコルトン・ハータがトップをキープ。2番手のサンティーノ・フェルッチ(デイル・コイン)は、ハータに並びかけるもスペースがなくなりコースオフ。

 コースに戻ったフェルッチは、アレックス・パロウ(デイル・コイン・ウィズ・チームゴウ)とフェリックス・ローゼンクヴィスト(チップ・ガナッシ)に衝突。2台を押し出してしまい、ローゼンクヴィストのマシンはストップ。早くもイエローコーションとなる。

 パロウもピットに戻るもマシンのダメージが大きく、リタイアを選択する。フェルッチにはペナルティが科せられた。

 ハータ、スコット・ディクソン(チップ・ガナッシ)、ライアン・ハンター-レイ(アンドレッティ・オートスポート)の順で、5周目にリスタート。

 16周目、ダルトン・ケレット(AJフォイト)がコースオフを喫しイエローコーションとなる。ピットクローズ前に各車が一気にタイヤ交換へ。

 琢磨は、ここでステイアウトしトップに立つ。20周目にレースは再開。

 21周目、レッドタイヤに替えたアレクサンダー・ロッシ(アンドレッティ・オートスポート)がディクソンを交わし4番手に。その直後、ディクソンがまさかの単独スピンを喫し、最後尾に落ちる。

 ハータは、ステイアウトしたマルコ・アンドレッティ(アンドレッティ・ハータ)を26周目に交わし2番手に浮上。一方、琢磨はベストラップを更新し、ハータとの差を5秒に広げ、32周を走行し最初のピットインへ。琢磨は18番手でコースに復帰する。

 45周を走行して、まずはロッシが2回目のピットイン。翌周リーダーのハータ、ハンター-レイがタイヤ交換へと向かう。

 トップ3台の順位は変わらず、もう1回ピットインが必要なディクソンが4番手。5番手にグラハム・レイホール(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)が続く。琢磨はストラテジーを変更したが、流れが向かずラストピットを終えると再び下位を走行する。

 残り10周、ハータはロッシとの差を2秒つけて勝利へとまい進。そのままトップでチェッカーを受け、通算3勝目となる今シーズン初勝利を挙げた。

 2位にロッシ、3位にハンター-レイが入り、アンドレッティ勢が表彰台独占。一時は最後尾に下がったディクソンは、今日もファイナルラップで順位をアップし10位でフィニッシュした。

 リードラップも記録した琢磨だったが、流れが味方することはなく18位でレースを終えている。

■NTTインディカー・シリーズ第11戦ミド・オハイオ決勝レース結果

Pos. No. Driver Team Engine Laps SP
1 88 C.ハータ アンドレッティ・ハーディング・スタインブレナー H 75 1
2 27 A.ロッシ アンドレッティ・オートスポート H 75 10
3 28 R.ハンター-レイ アンドレッティ・オートスポート H 75 8
4 15 G.レイホール レイホール・レターマン・ラニガン H 75 12
5 8 M.エリクソン チップ・ガナッシ H 75 15
6 22 S.パジェノー チーム・ペンスキー C 75 6
7 12 W.パワー チーム・ペンスキー C 75 17
8 1 J.ニューガーデン チーム・ペンスキー C 75 9
9 5 P.オワード アロウ・マクラーレンSP C 75 21
10 9 S.ディクソン チップ・ガナッシ H 75 3
11 21 R.ヴィーケイ エド・カーペンター・レーシング C 75 11
12 60 J.ハーベイ メイヤー・シャンク・レーシング H 75 19
13 59 M.チルトン カーリン C 75 18
14 18 S.フェルッチ デイル・コイン・レーシング H 75 2
15 7 O.アスキュー アロウ・マクラーレンSP C 75 14
16 20 C.デイリー エド・カーペンター・レーシング C 75 16
17 26 Z.ビーチ アンドレッティ・オートスポート H 75 13
18 30 佐藤琢磨 レイホール・レターマン・ラニガン H 75 22
19 4 C.キンボール A.J.フォイト・レーシング C 75 23
20 98 M.アンドレッティ アンドレッティ・ハータ H 74 7
21 14 D.ケレット A.J.フォイト・レーシング C 71 20
22 10 F.ローゼンクヴィスト チップ・ガナッシ H 4 5
23 55 A.パロウ デイル・コイン・ウィズ・チームゴウ H 2 4

※リザルトは編集部調べ