BMW 7シリーズ次期型は「E38」風シャークノーズ採用か!? EV「i7」をキャッチ

■フルエレクトリック版「i7」はベンツEQSとは異なる路線に

BMWのフラッグシップ・セダン、「7シリーズ」次世代型に設定されるフルエレクトリック版「i7」最新プロトタイプをカメラが捉えました。

BMW i7_002
BMW i7 市販型プロトタイプ

次世代型では、4つの異なるパワートレインをラインアップ。現行型のプラグインハイブリッドに加え、新たにフルEVが登場します。

これまででもっとも鮮明に捉えていますが、ヘッドライトやテールライトはプレースホルダー(仮のコンポーネント)を装着、ボディは完全にカモフラージュされ、ディテールは不明です。

BMW i7_005
BMW i7 市販型プロトタイプ

しかしながら、鮮明に捉えたプロトタイプからは、キープコンセプトのシルエットを確認することができます。ライバルとなるメルセデス・ベンツの旗艦EVセダン、「EQS」がリフトバック形状を採用することが濃厚なのに対し、BMWは同じ道を進むことはないようです。

ヘッドライトは現行型より低い位置に配置されているほか、フロントノーズは現行型より全面に出ており、1994年に登場した「E38」を模したシャークノーズ・シルエットが予想されます。

フロントドアとリアバンパーには「Electlic Test Vehicle」(電気テスト車両)のステッカーが貼られ、閉じられたキドニーグリルを装備、エキゾーストシステムが排除されている点からもEV車両であることは間違いないと思われます。

ドアノブが偽装されていることから、「i4」同様の手を下にスライドさせて開けるタイプの採用が予想されます。

BMW i7_008
BMW i7 市販型プロトタイプ

BMWは、今後登場するラグジュアリークラスに90kWh、または120kWhのバッテリーパックを搭載することを明らかにしており、これがi7だと思われます。

市販型には第5世代の「eDrive」テクノロジーを搭載。噂によると、i7の最高出力はBMWの量産モデル史上最強となる650psを発揮、航続距離は最大400マイル(644km)に達する可能性があるといいます。

i7のワールドプレミアは、早くとも2022年と予想され、メルセデス・ベンツ「EQS」やジャガー「XJ」次世代型と市場で争うことになります。

(APOLLO)