【気になる一言】予選Q2でソフトタイヤを選択したトップ3「リスクを犯したくなかった」とハミルトン

 2020年F1第9戦トスカーナGPが行われるムジェロ・サーキットは、中~高速コーナーが連続するタイヤに厳しいサーキットだ。今回ピレリがムジェロに持ち込んだタイヤは、もっとも硬い組み合わせとなるC1(ハード)、C2(ミディアム)、C3(ソフト)の3種類だった。

 おなじ組み合わせとなったシルバーストンで行われた第4戦イギリスGPもタイヤに厳しいサーキットで、その予選では優勝を狙うドライバーたちは予選Q2でソフトではなく、ミディアムを選択していた。なぜ今回のムジェロでは、予選でトップ3に入ったメルセデスのふたりとマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)は、Q2をミディアムで自己ベストを狙いに行かず、ソフトでQ2を突破したのだろうか。

 まずバルテリ・ボッタス(メルセデス)がこう説明した。

「軟らかいタイヤのほうがスタートでアドバンテージがあるからだよ。ムジェロは1コーナーまでが長いからスタートが重要なんだ。もちろん、レースでのタイヤ戦略を考えて予選のQ2で履くタイヤを決めているわけだけど、それでも僕たちはこれが正しいと思っている。それはライバルたちも全員、おなじソフトを選択してQ2を戦っていたことでもわかると思う」

2020年F1第9戦トスカーナGP 予選後の会見に出席するバルテリ・ボッタス(メルセデス)、ルイス・ハミルトン(メルセデス)、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
2020年F1第9戦トスカーナGP 予選後の会見に出席するバルテリ・ボッタス(メルセデス)、ルイス・ハミルトン(メルセデス)、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)

 ルイス・ハミルトン(メルセデス)はどうだったのか。

「僕はミディアムを選択したかった。金曜日のロングランの結果から、第1スティントは明らかにミディアムのほうがペースは良かった。でも、それだとレースのスタートでロスすると言われた。だから、リスクを犯したくなかったんだ」

 そして、フェルスタッペン。

「ルイスとバルテリが指摘したように、スタートタイヤとしてのミディアムは理想的なタイヤではなかった。確かに僕たちはこれまで何度かQ2で(Q2落ちという)リスクを冒してでも、みんなと異なるタイヤを選択してアタックしたことがある。でも、今回はミディアムでいくという選択肢は僕たちになかった。だからソフトでスタートすることに不満はまったくない」

 今回の予選では3番手に終わったものの、フェルスタッペンはメルセデスよりもセクター3が速かった。その理由をフェルスタッペンは次のように分析した。

「予選だけではなく、今週末僕たちはセクター3で速かった。基本的にセクター3にはふたつしかコーナーがないようなものなんだ。ターン12と15、あとはほとんどストレートだから、少しウイングを寝かせることができた。それが理由だと思う。だから、レースではセクター1と2で(メルセデスに)置いていかれないようにしなければならない。それがレースでオーバーテイクするためのポイントになると思う」

 果たして、フェルスタッペンは決勝でメルセデスをオーバーテイクすることはできるのだろうか。

2020年F1第9戦トスカーナGP バルテリ・ボッタス(メルセデス)
2020年F1第9戦トスカーナGP バルテリ・ボッタス(メルセデス)
2020年F1第9戦トスカーナGP 予選終了後に話し合うマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)とルイス・ハミルトン(メルセデス)
2020年F1第9戦トスカーナGP 予選終了後に話し合うマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)とルイス・ハミルトン(メルセデス)