「これがS660パワーチューニングの王道だ!」HKSのGT100Rパッケージが魅力的すぎる

安全マージンを残しつつ100馬力仕様を作り出せ!

S07Aのポテンシャルを引き出すHKSのGT100Rパッケージに注目

メイドインジャパンのクオリティに拘り、そのクルマが持つ最高のドライビングパフォーマンスを引き出すためのチャレンジを続けているHKS。世界からも高い評価と信頼を集める総合パーツブランドとして多くの車種を手がけているが、その開発姿勢において排気量や車格は関係なし。デビューと同時に取り組み始めたホンダS660が好例だ。

中でも注目したいのが、オーバー100psを実現する“GT100Rパッケージ”。HKSの真骨頂といえる高効率ターボチャージャーを核に、不足する燃料を補う強化ポンプとレギュレター、制御用の電子パーツフラッシュエディターの専用データをセットにしたシステム(24万円/フラッシュエディター本体は別途購入)だ。

その開発を振り返ってみると、ブーストアップから補器類を経てタービンという通常のターボ車チューンのプロセスを踏まず、いきなりタービン開発というのが異例であった。その理由が純正タービンは80ps、燃料ポンプは約90psで限界を迎えるという、そもそものパッケージによるものだという。

S660専用に開発されたGTIII-KXは、最新のターボ設計技術をフル投入した高効率なMHI製を採用。軸受けは一般的なメタルながら、ボールベアリング並みのレスポンスを誇る逸品だ。

さらにハウジングサイズやブレードの最適化により、完全ボルトオンタイプでスポーツカーに相応しいパワーを獲得。高効率なマフラーや触媒、吸気システムとのマッチングで、さらなるパフォーマンスアップも狙える。

セッティングに使用するフラッシュエディター(7万円)は、車両診断コネクター(OBDII)に接続してECUデータの書き換えを可能とするツール。GT100Rパッケージにセットの専用データの他、パワーライター店で高度な現車合わせセッティングも可能だ。

S660はブーストアップでも80psを獲得できるが、ターボ効率の良いポイントを外してしまい、排圧・吸気温度が非常に高くなってしまう。その点、このGTIII-KXは無理することなくタービンのおいしい領域を使って100馬力を実現。それが結果として排圧・吸気温度の低下にも繋がる。まさにネガのないターボキットなのだ。

●問い合わせ:エッチ・ケー・エス 静岡県富士宮市北山7181 TEL:0544-29-1235