ポールシッターのビニャーレス、決勝レースは「結果は気にせずに楽しみたい」/MotoGP第7戦予選トップ3コメント

 MotoGP第7戦サンマリノGPの予選がミサノ・ワールド・サーキット・マルコ・シモンチェリで行われ、MotoGPクラスでフロントロウを獲得したマーベリック・ビニャーレス(モンスターエナジー・ヤマハMotoGP)フランコ・モルビデリ(ペトロナス・ヤマハSRT)、ファビオ・クアルタラロ(ペトロナス・ヤマハSRT)が会見に出席。予選日を振り返った。

■マーベリック・ビニャーレス(モンスターエナジー・ヤマハMotoGP)/予選:ポールポジション

「フリー走行1回目でいいラップを刻んだから、金曜の午前中にはすでにQ2進出を確保していた。だから、そのあとはレースのセットアップに集中したんだ。今日の午前中はたくさんミスをしたけれど、1周はすばらしいものだった。1分31秒台のタイムで走ることができたんだ。本当にいいラップだった。それから集中をした。僕たちはいい作戦を持っていた。それに、フリー走行4回目では、とても速くて安定していた。ヤマハはここで、とても速い。明日は今日やったことを改善して、楽しもう」

「僕がしたいのは楽しむことだけなんだ。正直言って、ここ3レース、特に前戦(スティリアGP)はかなりの問題があったからね。ただ楽しみたいんだ。最初の1コーナーから最後まで攻めるだろう。結果は気にしない。バイクに乗ることをチームとともに楽しんで、できる限りの最高のパフォーマンスをしたいと思っているよ」

■フランコ・モルビデリ(ペトロナス・ヤマハSRT)/予選:2番手

「フロントロウを獲得できてすばらしい気持ちだ。ホームグランプリとなれば、さらに意味があるものになる。3週間前は、完全に違う状況にいたのは確かだから。今週末のスタートにも取り組みにも満足しているよ」

「僕はこのふたり(ビニャーレスとファビオ・クアルタラロ)よりも少しずつ進んでいった。そして最終的には、予選でフリー走行1回目よりもずっとトップに接近したんだ。明日のために、さらに改善できることを願う。でもここまでは、すごくうまくいっているよ」

「今年は強さを感じている。チームとさらに経験を積み、同じバイクでさらに1年戦っている。いい感じだよ。ブルノやヘレスのように強さを感じているんだ。それに、ここは僕のホームグランプリだからね。特に明日は頑張りたいと思う」

■ファビオ・クアルタラロ(ペトロナス・ヤマハSRT)/予選:3番手

「昨年のように、フリー走行3回目ではすごくよかったよ。予選は昨年とまったく同じで、フロントからのフィーリングがなかった。けれど、とても満足しているよ。フロントロウを獲得した。それが一番大事なことだからね」

「昨年は同じポジションでフィニッシュしているけれど、(今年の)ペースは昨年よりとてもいい。ハードタイヤでもミディアムタイヤでも速いんだ。選択は難しいだろうね。リヤタイヤはすばらしい感じがあって、ミディアムタイヤでもそうなんだ。明日の天候次第だろうけれど、どちらを選んでも明日のレースにはいいと思う」

「オーストリアとブルノでのひどいレースのあと、ヤマハがフロントロウに並んでいるのだから、僕が最速ではないとしてもすごくうれしい。バイクに再び優勝争いができるポテンシャルがあると感じるからね。ミサノはヤマハにとって、オーストリアよりも合っているとわかっていた。すごくいい感じだから、明日のレースが待ちきれないよ」