ホンダPU勢がメルセデスに次ぐ2列目を独占「決勝の展開は予測困難だが、目標は4台入賞」と田辺TD【F1第9戦予選】

 2020年F1トスカーナGPの土曜予選で、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは3番手、アレクサンダー・アルボンは4番手だった。アルファタウリ・ホンダのダニール・クビアトは12番手、ピエール・ガスリーは16番手という結果で、ホンダのパワーユニット(PU/エンジン)搭載車4台のなかでQ3に進出したのは2台だった。

 ガスリーはQ1で1分17秒125を記録、わずか0.053秒差でQ2進出を逃して16番手でのQ1敗退となった。

 クビアトはQ1で1分16秒928で10番手、Q2では最後のアタックラップにおいてターン7でコースアウトを喫してタイム更新はならず、1分16秒854の12番手でQ3進出には届かなかった。

2019年F1第9戦トスカーナGP ダニール・クビアト(アルファタウリ・ホンダ)
2019年F1第9戦トスカーナGP ダニール・クビアト(アルファタウリ・ホンダ)

 アルボンはQ1では1分16秒527で4番手、Q2は1分15秒914の4番手で突破。Q3では1分15秒954で自己ベストリザルトの予選4番手を確保した。

 フェルスタッペンはQ1では1分16秒335で3番手、Q2は1分15秒471の3番手で突破。Q3では2回目のアタックでタイム更新を果たし1分15秒509を記録したが、ルイス・ハミルトン(メルセデス)のポールポジションタイムに0.365秒及ばず、3番手となった。

 フェルスタッペンとアルボンは決勝をソフトタイヤでスタート、クビアトとガスリーはスタートタイヤを自由に選べる。

■ホンダF1テクニカルディレクター 田辺豊治
 今日のトスカーナGPの予選は、アストンマーティン・レッドブル・レーシングのマックス選手が3番手、続いてアルボン選手が4番手となり、2台そろって2列目からのレーススタートとなります。特にアルボン選手は予選でのベストリザルトとなる4番手と、レッドブル・レーシングにとってポジティブな結果となりました。

 一方、スクーデリア・アルファタウリ・ホンダはクビアト選手がQ2でのミスもあり12番手、ガスリー選手は中団の非常に接近したタイムの中、0.05秒差で惜しくもQ1敗退となるという厳しい結果になりました。

 ムジェロ・サーキットでのF1レースは初めてとなりますので、どの様な展開になるのか読み難いところがありますが、まずはきっちりとスタートを決め4台入賞を狙ってレースに臨みます。