MotoGP:カル・クラッチロー、右前腕の手術が影響して第7戦サンマリノGPを欠場

 ロードレース世界選手権のMotoGPクラスに参戦しているLCRホンダ・カストロールは9月12日、カル・クラッチローがMotoGP第7戦サンマリノGPを欠場すると発表した。

 クラッチローは腕上がりの症状が出たことにより8月末に右腕の手術を受けている。第2戦スペインGPのウォームアップ走行で転倒して左手の舟状骨を骨折しており、それを補うため右腕に多く負担がかかったことで腕上がりの症状が出たと見られている。

カル・クラッチロー(LCRホンダ・カストロール)
カル・クラッチロー(LCRホンダ・カストロール)

 そして11日から開催されているサンマリノGPはメディカルチェックを通過して、金曜日のフリー走行に挑んだ。右腕の怪我は完治していないがFP1は1分33秒538で8番手タイムを記録し、FP2は1分33秒696とタイムを上げることはできなかったが20番手で初日を終えた。

 しかし、予選日の朝に前腕の手術後に二次的な副作用があると宣言され、メディカルチェックをパスできなかったことから第7戦サンマリノGPは欠場することになった。