RUNUP RIVAUX GT-Rがトップタイムの奪い合いを制して初ポール獲得【第4戦もてぎGT300予選】

 2020年スーパーGTシリーズの折り返しとなる第4戦もてぎは9月12日(土)に公式予選が行われ、GT300クラスはRUNUP RIVAUX GT-Rがポールポジションを獲得した。

 熱帯低気圧の影響で朝から霧雨が降ったり止んだりを繰り返しているツインリンクもてぎ。WET宣言がされるなか、14時30分開始のGT300クラス予選Q1は気温25℃、路面温度29℃、湿度91%というコンディションでセッションがスタート。

■Q1 A組

 現在、ランキングトップでウエイトハンデは限界の100kgを積むGAINER TANAX GT-Rを含めた15台がコースへと出て行き、各車入念にタイヤに熱を入れていく。降雨の心配があるため、コースオープンとともに出ていき、早めにスリックタイヤでタイムを出していきたいという思いが伝わってくる。

 各車が1分40秒台後半にタイムを入れてくると、100kgのウエイトを積んだGAINER TANAX GT-Rの安田裕信が1分47秒671でトップに躍り出る。LEON PYRAMID AMGやTOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GTもGAINER TANAX GT-Rを仕留めようとするが、安田のタイムを超えるマシンは現れない。

 14時40分、チェッカーフラッグが振られる。最後に第2戦富士のポールシッターADVICS muta 86MCがタイムを削ってきたが、セクター4でタイムを伸ばすことができず。10番手でノックアウト。

 GAINER TANAX GT-R、LEON PYRAMID AMG、TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT(31号車)、HOPPY Porsche、RUNUP RIVAUX GT-R、UPGARAGE NSX GT3、Modulo KENWOOD NSX GT3、T-DASH ランボルギーニ GT3の8台がA組でQ1通過となった。

■Q2 B組

 14時48分、GT300クラス予選Q1 B組は第2戦で優勝、第3戦で3位表彰台を獲得し、現在ランキング2位でこのもてぎは93kgを積むシンティアム・アップル・ロータスを含む15台で争われる。A組が行われた時間より雨脚が強くなるも、各車スリックタイヤを履いて我先にとコースへ出ていった。

 しかし思いの外、路面状況は悪く、濡れた路面でスリックタイヤでアタックは厳しいか。セッション開始2分、アウトラップ走行中だったシンティアム・アップル・ロータスがS字でコースオフ。グラベルにマシンを止めてしまった。車両回収のため、ここで赤旗が提示される。シンティアム・アップル・ロータスだけでなく、他マシンも90度コーナーで止まれない様相が見受けられる。

 セッションは14時58分に再開。まず最初にタイムを出したのはARTA NSX GT3の大湯都史樹で、2分04秒650というベースタイムを記録。さらに大湯は翌周1分53秒087までタイムを伸ばす。PACIFIC NAC D’station Vantage GT3の藤井誠暢が2番手にポジションを上げるも、ARTA NSX GT3とは2秒以上の差が開いている。

 セッション残り3分を切ったところで午前中の公式練習でトップだったSUBARU BRZ R&D SPORTも上位へ上がってくるが、ARTA NSX GT3には届かない。すると2秒以上の差がついていたPACIFIC NAC D’station Vantage GT3がタイムを大きく伸ばし、1分51秒740でトップへ。

 15時06分にチェッカーが振られると、最後にタイムを上げてきたK-tunes RC F GT3がPACIFIC NAC D’station Vantage GT3のタイムを上回り1分51秒011でトップへ浮上。さらに、たかのこの湯 RC F GT3もタイムを上げ、1分51秒486で2番手に。

 K-tunes RC F GT3、たかのこの湯 RC F GT3、PACIFIC NAC D’station Vantage GT3、arto RC F GT3、ARTA NSX GT3、SUBARU BRZ R&D SPORT、JLOC ランボルギーニ GT3、マッハ車検 GTNET MC86 マッハ号までがQ2への切符を手にした。

■Q2

 Q1を突破した全16台でポールポジションを争うQ2は15時31分にスタート。Q1では100kgの最大ウエイトを積みながらも、驚異のタイムを出したGAINER TANAX GT-Rが果たして何番手のタイムを出すのか。

 セッション開始とともに続々とコースイン。ライン上は乾きかけ、ラインを外れるとまだ濡れている部分があるという難しいコンディションのなか、グリッドが重要になる決勝を考慮したアタック合戦が始まった。

 まず初めにSUBARU BRZ R&D SPORTが1分57秒717をマーク。残り5分を切ったところで、強くなる雨脚の様子を見て、UPGARAGE NSX GT3がウエットタイヤに変更し、コースへ再び出ていく。そんななか、SUBARU BRZ R&D SPORTがタイムを更新。

 そのタイムをRUNUP RIVAUX GT-Rが更新。しかし、再びトップを取り返そうとSUBARU BRZ R&D SPORTも負けじとタイムを削ってくる。2台のトップタイムの奪い合いがその後も続き、セッション終了間際に1分49秒689を出したRUNUP RIVAUX GT-Rがポールポジション獲得かと思われた。

 しかし、後方から少しずつタイムを削っていたHOPPY Porscheがチェッカーのタイミングで1分49秒448を出してトップ浮上。土壇場でポールポジションはHOPPY Porscheの手に渡ったように思われたが、RUNUP RIVAUX GT-Rの青木孝行はトップは譲らないというような気迫のアタックでHOPPY Porscheのタイムを上回り、ポールポジションを死守。

チームとしては初めて、そして青木にとっては2009年にダイシン アドバン Ferrariを駆り、第9戦もてぎで獲得して以来、じつに11年ぶりのポールポジション獲得となった。

明日は天候が回復するという予報もあるものの、週末を通して不安定な天候にしている熱帯低気圧の影響がどんな結果を招くのか。決勝レースは9月13日(日)13時から63周で争われる。

ポールポジションを獲得したRUNUP RIVAUX GT-Rの柴田優作、田中篤オーナー、青木孝行
ポールポジションを獲得したRUNUP RIVAUX GT-Rの柴田優作、田中篤オーナー、青木孝行
RUNUP RIVAUX GT-R
RUNUP RIVAUX GT-R
2020年スーパーGT第4戦もてぎ HOPPY Porsche(松井孝允/佐藤公哉)
2020年スーパーGT第4戦もてぎ HOPPY Porsche(松井孝允/佐藤公哉)
2020年スーパーGT第4戦もてぎ TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT(嵯峨宏紀/中山友貴)
2020年スーパーGT第4戦もてぎ TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT(嵯峨宏紀/中山友貴)
2020年スーパーGT第4戦もてぎ JLOC ランボルギーニ GT3(小暮卓史/元嶋佑弥)
2020年スーパーGT第4戦もてぎ JLOC ランボルギーニ GT3(小暮卓史/元嶋佑弥)
2020年スーパーGT第4戦もてぎ K-tunes RC F GT3(新田守男/阪口晴南)
2020年スーパーGT第4戦もてぎ K-tunes RC F GT3(新田守男/阪口晴南)