ベッテル、トラブルは解決済みも「バランスを改善しなければ戦うのは難しい」フェラーリ【F1第9戦金曜】

 2020年F1トスカーナGPの金曜、フェラーリのセバスチャン・ベッテルはフリー走行1=13番手/2=12番手だった。

 FP1では27周のなかで1分19秒267、FP2では39周を走り1分18秒498を、それぞれソフトタイヤでマークした。ベッテルはFP2終了直前に、エンジンが止まったと無線でチームに連絡し、コース脇でマシンを停めた。チームは「些細な電気系の故障」が発生し、すでに問題は解決したと後に述べている。

2020年F1第9戦トスカーナGP 今回スペシャルデザインのヘルメットを使用しているセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)
2020年F1第9戦トスカーナGP 今回スペシャルデザインのヘルメットを使用しているセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)

■スクーデリア・フェラーリ
セバスチャン・ベッテル フリー走行1=13番手/2=12番手
 興味深い一日だった。ムジェロはドライバーにとってはすごく楽しく素晴らしいトラックだ。ただ、タイヤにはかなり厳しい。

 マシンバランスにはまだ満足していないので、改善のための作業に取り組んでいる。やるべきことは多いが、まだ金曜日だし、こういったことのために金曜日があるんだ。

 もっといいセットアップを見つけられると思っている。小さな部分を改善していって、予選に向けて前進できるはずだよ。

(走行後の会見で語り)マシンがとても扱いづらかった。改善することはできるだろうが、困難な作業になる。ここは自分が好むバランスを必要とする、厳しいサーキットなんだ。