FP2でライコネンと接触したペレス、1グリッド降格ペナルティが決定【F1第9戦】

 ムジェロ・サーキットで行われている2020年F1第9戦トスカーナGPのフリー走行2回目(FP2)、セルジオ・ペレス(レーシングポイント)とキミ・ライコネン(アルファロメオ)が接触した。この件について審議が行われ、ペレスには決勝レースでの1グリッド降格ペナルティが科され、ペナルティポイントを1ポイント加点された。

 FP2の後半、ピットから出て行ったペレスはコースに合流する際に、通常のレーシングラインを走行していたライコネンと接触しまった。ライコネンはスピンを喫してコースオフしたものの、自力でピットまで戻った。一方、ペレスもフロントウイングにダメージを負った。なおペレスがコースに合流する前には、青旗が振られていたことがオンボードカメラから確認できる。

 この接触の影響により、コース上には破片が散乱し、セッションは5分間の中断となった。接触の様子については、F1公式サイトの動画が公開されている

 セッション終了後、ペレスとライコネンの接触について審議が行われ、この種の違反では通常3グリッド降格ペナルティが科されるが、スチュワードはペナルティを緩和して1グリッド降格とし、ペナルティポイントを1ポイント加点した。ただ、今回の接触はペレスに責任があると声明文では述べている。

 一方でペレスは、「ピットレーン出口のラインが長すぎて、クルマに十分な角度が残されていないように感じている」と語った。

「もちろんここは新しい場所で、僕たちはこれまで来たことがなかった。キミがいたことに気づいていたけれど、明らかに近くはなかった。残念ながら彼を避けることができず、こういうことが起きてしまった」