アルボン4番手「モンツァでは苦労したがすべて正常に戻りつつある」レッドブル・ホンダ【F1第9戦金曜】

 2020年F1トスカーナGPの金曜、レッドブル・ホンダのアレクサンダー・アルボンはフリー走行1=9番手/2=4番手だった。

 アルボンはFP1で34周を走るなかで1分19秒068、FP2では28周を走り1分17秒971を、それぞれソフトタイヤで記録した。

2020年F1第9戦トスカーナGP アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)
2020年F1第9戦トスカーナGP アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)

■アストンマーティン・レッドブル・レーシング
アレクサンダー・アルボン フリー走行1=9番手/2=4番手
 いい一日だった。このコースは走っていてとても楽しい。超高速で、ランド(・ノリスのクラッシュ)を見れば分かるように、ミスは全く許されないんだ。でもそれはドライバーにとってわくわくする要素のひとつだよ。

 大きなエネルギーを必要とされるサーキットで、ターン1から15まで、マシンの感触が全く違うんだ。身体的な負担が大きく、特にターン8から9でそれを実感する。首がきついけど、走っていて楽しいよ。

 パフォーマンス的には、それなりに満足だ。もちろんマシンバランスを改善するために調整する箇所はいくつか残っているが、苦労したモンツァに比べると、今日は順調だったと思う。

 タイヤはこの暑さのなかでもよく持っているし、ソフトはいいパフォーマンスを発揮しているので、悪くない状況だ。それでも日曜の決勝では何回かピットストップを行うことになりそうだけどね。

(走行後の会見で語り)もう少しマシンバランスを向上させる必要はあるが、比較的満足だよ。モンツァほど特殊ではないサーキットに来たので、すべてが正常に戻るよう祈っている。

 タイヤは意外と長持ちしている。理由はよく分からないが、ソフトタイヤでさえパフォーマンスがとてもよくて、すべてまずまずの状況だと思う。シルバーストンで起きたような問題には見舞われないだろう。