VWゴルフ ヴァリアント次期型、333馬力の最強モデル「R」をキャッチ!

■オールトラック風カモフラージュ、スポーティなバンパー、ブルーキャリパー装備

VW ゴルフR ヴァリアント_003
VW ゴルフR ヴァリアント 開発車両

VWは現在、主力ハッチバックの「ゴルフ」に設定される派生ワゴン「ゴルフ ヴァリアント」を開発していますが、その最強モデル「ゴルフRヴァリアント」開発車両を初スクープ、設定されることが確実となりました。

捉えたプロトタイプは、ゴルフヴァリアントである「オールトラック」風カモフラージュがほどこされています。しかしよく見れば、タイヤの幅に対してのサイドウォールの高さが低めのプロファイルタイヤを装着。

よりスポーティなバンパー、ブルーキャリパーを備える高性能ブレーキシステム、それによりバックアップされたクロスドリルを備える軽量の合金ホイール、クワッドエキゾーストパイプなどが装備されています。

VW ゴルフR ヴァリアント_008
VW ゴルフR ヴァリアント 開発車両

生産型では空気力学的なサイドスカート、大型リアスポイラー、アグレッシブなディフューザーなども期待できるはずです。

フロントエンドでは、ゴルフR開発車両と異なるハニカムメッシュのコーナーエアインテークが見てとれますが、これは市販型へ反映されるかは不明です。

キャビン内では、ツートンレザーの「R」ブランドスポーツシート、パドルシフター付きスポーツステアリングホイール、カーボンファイバートリム、また、特別なパフォーマンスモードにする専用のRボタンも装備されるはずです。

パワートレインは、2.0リットル直列4気筒ターボチャージャー付きガソリンエンジンを搭載し最高出力は333psを発揮。「4モーション」AWDシステムとDSGが組み合わされ、0-100km/h加速は4.6秒、最高速度は270km/hのハイパフォーマンスが予想されます。

ゴルフR新型は2020年末までに発表される予定ですが、Rヴァリアントは開発初期段階とみられ、2021年後半頃のデビューとなりそうです。

(APOLLO)