新型エルグランドの先行サイトがオープン。9月14日から予約注文の受付を開始

■より上質になった内・外装

販売面ではトヨタ・アルファード/ヴェルファイアに大差を付けられているものの、国産LLサイズのミニバンならではの広い室内、堂々たるエクステリアが魅力なのが日産エルグランドです。

ハンドリングなどの走りも重視し、ライバルよりも全高を抑えながら低床、低全高、低重心というパッケージングは、理にかなっています。

新型エルグランド
新型エルグランドのティザーがオープンした

日産は2020年9月10日、マイナーチェンジを受けるエルグランドの特設Webサイトをオープンするとともに、9月14日から予約注文の受付を開始すると明らかにしました。特設Webサイトでは、車両のデータや来店予約が可能になっています。

新型エルグランド
新型エルグランドのティザーサイト

エルグランドは、先述したようにロー&ワイド・プロポーション、低重心プラットフォームによる優れた操縦安定性や安定感のある走りが美点。

さらに、圧倒的な存在感を放つエクステリア、快適で上質なキャビンが魅力で、最新の予防安全装備である「踏み間違い衝突防止アシスト」や「インテリジェントエマージェンシーブレーキ」「LDW(車線逸脱警報)」「インテリジェントLI(車線逸脱防止支援システム)」なども採用されています。

新型エルグランド
新型エルグランドの先行Webサイトで紹介されているAUTECH仕様

マイナーチェンジでは、エクステリア、インテリアの大幅な変更や先進安全装備の強化が盛り込まれます。

さらに、新しいボディカラーも加わるそうです。特別Webサイトをチェックすると、エクステリアでは、上質感のある新しいフロントグリルが目を惹きます。インテリアでは、また、10インチに拡大したナビゲーションが配され、一新された水平基調のインパネなどがピックアップされています。

たとえば「250Highway STAR Premium Urban CHROME(2WD)」の紹介として、「インテリジェント アラウンドビューモニター(移動物 検知機能付)」「ディスプレイ付自動防眩式ルームミラー」「ステアリングスイッチ(オーディオ、ナビ、ボイスコマンド、ハンズフリーフォン)」「日産オリジナルナビゲーション取付パッケージ(GPSアンテナ、TVアンテナ、TVアンテナ用ハーネス)」がセットでメーカーオプションなどと紹介されています。

ほかにも、AUTECHエルグランドの写真も確認できます。こちらには、ダーククロム フロントグリルをはじめ、 専用フロントプロテクター(メタル調フィニッシュ)、専用シグネチャーLED、専用サイドシルプロテクター(メタル調フィニッシュ)、専用リヤバンパーフィニッシャー(メタル調フィニシュ)、AUTECHエンブレム(フロント・リヤ)、専用18インチアルミホイール&タイヤなどが主な装備として用意されます。

(塚田勝弘)