〈スズキ・ジムニー/シエラ JB64・74〉ジムニーを安全に乗るための必須アイテム|Data System|カーエレクトロニクス カスタム

カメラをセットすることで快適なドライブをサポート!

Data System

前方と後方、そして側面 不安な死角を解消!

高級セダン用のエアサスコントローラーや運転中でも同乗者がテレビを視聴できるテレビキットなど、電子パーツの開発で知られるデータシステム。

最近では64&74ジムニーに特化した、普段の運転に役立つ安全性が高いアイテムを次々と開発している。

まずジムニーはボンネットの先端が角張っており、前方が見にくい。

そこで前方の死角を解消するために、フロントカメラの導入をオススメしたい。

データシステムはドレスアップも兼ね備えたカメラ内蔵型のフロントグリル、そしてグリルのエンブレム端にさり気なくセットすることで後付け感を抑えたエンブレムフロントカメラをラインアップ。

スマートな装着感は、専用品ならではと言える。

ジムニーのような車高が高いクルマは、サイドカメラキットも装着したい。

ドアミラーの付け根に専用マウントで内蔵されたカメラを設置することで、側面の視界を画面に映し出すことができる。

特に車高をリフトアップしていると側面の死角がより増えてしまうため、安全に楽しく乗りたいなら必ず付けておきたいアイテムといえる。

あまりにも便利で、今やクルマの必需品と言えるバックカメラもラインアップ。

水平画角140度の広角レンズを採用することで、よりワイドな視野角を実現。

車庫入れをよりスピーディに行える。

なおこれらの映像は、マルチカメラスプリッターM C S296があればカーナビなどの1つの画面にまとめて表示できるので非常に便利。

ぜひセットで導入したい。

オリジナルフロントグリル(カメラ内蔵タイプ)


●価格:開発中 ●適合:JB64W・JB74W

ドレスアップとセーフティを両立

太くデザインされた4本のバーを内蔵したフロントグリルは、よく見ると中央にカメラをインストール。
このカメラの視野角度は180度と非常に広く、例えば突き当たりを右左折する際、横断歩道を歩行者が渡るかなどを確認したい時に便利。
またカメラは角度調整式で、オーナーの好みで微調整できるのもポイント。
単純にフロントマスクをイメージチェンジすることが目的という人のために、カメラ取り付け穴がないフロントグリルも設定あり。

グリルに仕込んだカメラはコンパクト設計。
デモカーは素地風に塗装しているため、より目立ちにくい。
前方チェック用のモニターを追加すれば、カーナビの案内画面が消えることなく前方視界を確認できる。

純正エンブレムにジャストフィット


エンブレム フロントカメラ
●価格:2万1800円
●適合:JB64W・JB74W

遠目から見ると、カメラが付いていることが分かりにくい。
カバーは耐久性に優れたウレタン素材を使用する。

汎用のフロントカメラは後付け感が気になる。
そんな人に最適なアイテムが、グリルのSエンブレム脇に取り付けるエンブレムフロントカメラ。
カバーはエンブレムのカタチに合わせて作られており、ツヤ消し黒で塗装済みなので目立ちにくい。
純正然を重視する人に。

車種別サイドカメラキット(シングルタイプ)

車種専用設計だからフィット感が高い


●価格:1万8858円(保安基準適合品)/2万762円(LED内蔵タイプ)
●適合:JB64W・JB74W

現行ジムニーはドアミラーに小さなサイドアンダーミラーを標準装備しているが、さらにサイドカメラキットを付ければ完璧。
左ドアミラーの付け根に取り付ける専用のカバーを用意しており、まるで純正オプションのようなフィッティングを実現。
左折時や縦列駐車などに便利なのはもちろんだが、「特にジムニーの場合は悪路をギリギリまで攻めて走る方が多いので、そういうシーンでも役に立つと思います」とデータシステムの川田さん。


純正ドアミラーの質感とも調和するカメラカバー。
標準タイプの他、夜間の視界確認に便利なLED内蔵型も設定している。

カメラは高感度スーパーCMOSセンサーを搭載。
高画質なのであらゆる天候や場所でも視認性が良く、障害物が見やすい。

リアVIEWカメラ RVC801

ワイドビューな映像で駐車をサポート


●価格:8800円 ●適合:汎用

広角レンズによりワイドな視野角を実現し、広範囲を確認できる。
映像は歪みが少ないので見やすく、より安全にバックできる。
カメラ本体はマルチステーを採用することで取り付けの自由度が上がり、スマートに付けることが可能。
デモカーはナンバープレートの上側に付けているが、目立つことなくバンパーに馴染んでいる。
汎用品だが、まるで純正のようなフィッティングだ。

写真のモニターには映っていないが、駐車する際にとても便利なガイドラインを表示させることも可能。
これはドライバーが任意で選択できる。

マルチカメラスプリッター MCS296

複数の映像をひとまとめで表示できる


●価格:1万8000円 ●適合:汎用

フロントやリアカメラの映像をカーナビなどのひとつの画面に集約できる、便利なマルチカメラスプリッター。
最大4画面まで表示できるから、フロント&リア、サイドカメラまで付けてもお釣りが来る。
バック時やウインカーなど、操作に連動して表示させることもできる。
さらに表示画面はカスタマイズ可能で、例えばどのカメラの映像をメインで大きく映し出すかを好みで選べる。

専用のコントロールスイッチが付属し、手元で映像の表示方法を簡単に切り替えできる。
カメラを数多く付けているクルマはぜひ導入して頂きたい。

 

問データシステム  086-445-1617 https://www.datasystem.co.jp

Vol.244 スズキ ・ ジムニー&ジムニーシエラ No.7(2020/6/30)より

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]