メルセデス・ベンツGLC次期型のプロトタイプがワイルドな走りを披露

■GLCとして初のフルモデルチェンジ、砂利道やワインディング・ロードを走行

メルセデス・ベンツ GLC_003
メルセデス・ベンツ GLC 次期型 プロトタイプ

メルセデス・ベンツが開発を進める主力クロスオーバーSUV「GLC」次期型プロトタイプがワインディング・ロードを走行、その様子を捉えました。

現行型GLCは、2015年に「GLK」後継モデルとして発売、2019年には大幅改良が行われたばかりですが、早くも次期モデルの開発がスタートしています。

メルセデス・ベンツ GLC_006
メルセデス・ベンツ GLC 次期型 プロトタイプ

カメラマンによると、ワインディング・ロードを力強く加速する様子や、砂利道をワイルドに走る様子などが見られたようです。

カモフラージュはまだまだ厳重ですが、ドア上部のキャラクターラインが削除され、ドアハンドルがかなり低い位置に配置されていることが見てとれます。さらにサイドミラーはAピラーからドア側へ移動されているようです。水平なボンネットや低いルーフラインも確認できます。

メルセデス・ベンツ GLC_004
メルセデス・ベンツ GLC 次期型 プロトタイプ

次期型では、アップデートされた最新の「MRA」プラットフォームを採用。ホイールベースは延長され、広いフットプリントを確保、初の3列7人乗りが設定されると予想されています。

現行型では、ランドローバー「イヴォーク」やジャガー「E-PACE」より1フィートも短いにも関わらず車重が重かったですが、大幅な改善が見られそうです。

パワートレインは、2.0リットル直列4気筒+マイルドハイブリッドのほか、プラグインハイブリッド、そしてフルEVモデルの設定など電動化が加速すると見られます。

GLC 次期型のワールドプレミアは、2021年終わりか2022年の初頭となりそうです。

(APOLLO)