MotoGP:ホルヘ・マルティンが新型コロナ検査で陽性。サンマリノGPは欠場

 MotoGPを統括するドルナスポーツは9月10日、Moto2クラスに参戦しているホルヘ・マルティン(Red Bull KTM Ajo)が新型コロナウイルスの検査を受け、陽性反応が出たことを明らかにした。また、別チームのメカニックのひとりも陽性だったという。ふたりは第7戦サンマリノGPを欠場する。

 マルティンは長島哲太のチームメイトとして中量級クラスにエントリーしており、今季は第5戦オーストリアGPで優勝、第2戦スペインGPと第6戦スティリアGPで表彰台を獲得している。

 ランキングは第6戦スティリアGP終了時点で79ポイントを獲得して3位であり、2020年のチャンピオンに輝く可能性のあるライダーだ。

ホルヘ・マルティン(Red Bull KTM Ajo)
ホルヘ・マルティン(Red Bull KTM Ajo)

 そんなマルティンは、9月11~13日にミサノ・ワールド・サーキット・マルコ・シモンチェリで開催される第7戦サンマリノGP前に行われた新型コロナウイルスの検査で陽性反応を示したという。そのため第7戦サンマリノGPには参加することができなくなった。ロードレース世界選手権MotoGPの3クラスのライダーから新型コロナウイルス陽性者が出たのは今回が初めてのことだ。

 陽性反応を示したマルティンとメカニックのふたりは、無症状であり、安全に隔離されている。同地で第8戦エミリア・ロマーニャGPが2連戦で開催されるためマルティンの欠場はチャンピオンシップにおいて痛手となるだろう。

 新型コロナウイルスの感染拡大で2020年シーズンの中止・延期が続いていたMotoGPだが、7月17~19日に再開された第2戦スペインGPから最小限のスタッフで、無観客でのレースが行われている。

 会場ではソーシャルディスタンスを徹底するだけでなく、毎戦パドックに入場するすべての関係者に対して新型コロナウイルスの検査を実施しており、すでに1万4000回以上の検査が行われた。