GRスープラが初戦の富士24時間レースをPole to WIN!SUPER GT、D1に続く勝利【ピレリスーパー耐久シリーズ2020】

■GRスープラ、いきなりのデビューWIN!

ROOKIE Racing GR SUPRA
ROOKIE Racing GR SUPRA

9月5日の15時にスタートして翌6日の15時にフィニッシュという、現在日本で行われる唯一の24時間レースが、ピレリスーパー耐久シリーズ2020開幕戦「NAPAC 富士SUPER TEC 24時間レース」。

ST-1クラスにエントリーしたROOKIE Racing GR SUPRAはスーパー耐久シリーズ初参戦となり、これがデビュー戦です。

ROOKIE Racing GR SUPRA
ROOKIE Racing GR SUPRAのドライバー

ROOKIE Racingはもともと、小倉クラッチの代表である小倉康宏さんがトヨタ自動車の豊田章男社長のご子息である大輔さんに、将来のトヨタのマスタードライバーとしてのドライビングスキルを身に着けて欲しいということで2018年から活動をしています。

2019年には小倉代表と大輔さんがST-4クラスにTOYOTA86でフル参戦。そして2020年は、GRヤリスとこのGRスープラ、2台での2クラスエントリーすることとなりました。

片岡龍也監督
片岡龍也監督

GRヤリス、GRスープラともに監督はSUPER GTのGT300でグッドスマイル 初音ミク AMGをドライブする片岡龍也さん。片岡監督はスーパーフォーミュラでも監督経験があり、またスーパー耐久での監督は3年目となります。

ROOKIE Racing GR SUPRA
ROOKIE Racing GR SUPRAのスタート

スーパー耐久の場合、デビューマシンがいきなり好成績を上げることは難しいとされていますが、GRスープラは予選からSUPER GTのGT300クラスにも出場できるFIA GT3マシンを使ったST-Xクラスに次ぐ速さを見せ、予選グループ1でのトップタイムで総合6番手のポジションからスタートしました。

これはレース専用設計されたFIA GT4マシンやTCRマシンよりも前のポジションとなり、市販車を改造したST-1クラスマシンとしては異例の速さとなります。(ST-1クラスのワンメイクレース車両を除く)

ROOKIE Racing GR SUPRA
ROOKIE Racing GR SUPRA

序盤は快調に進んだレースも18時頃から大雨となりセイフティーカー導入から赤旗中断となります。その中断時間は4時間30分にものぼり、22時30分にレース再開となります。

ROOKIE Racing GR SUPRA
ROOKIE Racing GR SUPRA

夜間走行の間は天候が荒れまくり、翌日の午前6時までにセイフティーカー導入10回という荒れたレース展開でせっかく築いたマージンやピットインのタイミングなどで1位と2位が逆転する場面が何度も起こります。

ROOKIE Racing GR SUPRA
ROOKIE Racing GR SUPRA

そんな中、1周のリードを築きながら15時のチェッカーを目指します。1周差と言っても24時間レースではピットイン1回で逆転されてしまうほどの僅差です。

ROOKIE Racing GR SUPRA
ROOKIE Racing GR SUPRA優勝の瞬間

そして15時のチェッカーフラッグ。ST-1クラスとして一番最初にチェッカーフラッグをくぐり、デビューWINを果たしました。

ROOKIE Racing GR SUPRA
ROOKIE Racing GR SUPRAの優勝表彰台

市販車発売からほぼ1年経過とはいえデビューマシンの優勝というレアケースを達成してROOKIE Racing GR SPURA。GRヤリスのデビューWINと共に富士24時間レースの歴史に大きく名前を刻んだことでしょう。

■2020年のモータースポーツはGRスープラ旋風か?

2020年の主要モータースポーツではGRスープラの大活躍が止まりません。

KeePer TOM'S GR Supra
KeePer TOM’S GR Supra

無観客で開催されたSUPER GT2020の開幕戦「2020 AUTOBACS SUPER GT Round1 たかのこのホテル FUJI GT 300km RACE」のGT500クラスではKeePer TOM’S GR Supraが優勝し、なおかつベスト5は全てGRスープラ!

埼玉トヨペットGB GR Supra GT
埼玉トヨペットGB GR Supra GT

同じSUPER GT2020の開幕戦のGT300クラスでも埼玉トヨペットGB GR Supra GTがデビューWINを飾っています。

Team TOYOTIRES DRIFT GR Supra
Team TOYOTIRES DRIFT GR Supra(写真:高橋秀彰)

また、ドリフト競技の最高峰であるD1グランプリの開幕戦「OKUIBUKI」でも川畑真人選手のTeam TOYOTIRES DRIFT GR Supraが優勝を果たすなど、GRスープラの参戦する主要シリーズの開幕戦は全てGRスープラが優勝を果たしています。

ROOKIE Racing GR SUPRA
ROOKIE Racing GR SUPRA

スーパー耐久でもGRスープラ旋風ともいえるその流れに乗ったROOKIE Racing GR SUPRA。コロナ禍の中でもなんとか開催にこぎつけた今年のモータースポーツですが、GRスープラ旋風で新型コロナ感染症の悪い流れをを吹き飛ばしてもらいたいものです。

(写真・文:松永和浩)