ル・マン24時間:トヨタとプライベーターの差がわずかに縮まる? LMP1のEoT発表

 9月19〜20日に決勝が行なわれる2019/20WEC世界耐久選手権第7戦・第88回ル・マン24時間レースで、トヨタTS050ハイブリッドを含むLMP1マシンのEoT(=テクノロジーの均衡。実質的な性能調整)の数値が発表された。

 FIAエンデュランス・コミッティが発表したブルテンによれば、LMP1で唯一のハイブリッドシステム搭載マシンとなるトヨタTS050ハイブリッドの2台は、2019年のル・マンに比べ車両重量が重くなる。

 2019年秋に始まったWECの2019/20シーズンでは、従来から導入されていたEoTに加え、獲得ポイントに応じてエネルギー放出量や最大燃料流量などを1台ごとに調整する「サクセスハンデキャップ」制が導入されてきたが、シーズンのハイライトイベントとなるル・マンではサクセスハンデは適用されず、EoTのみがかけられた状態で争われる。

 発表されたTS050ハイブリッドの新たな最低重量は895kg。これは2019/20シーズンを通して適用されてきたEoTにおける932kgから37kg減となっているが、昨年ル・マンでの888kgに比べると7kg重い状態だ。

 なお、トヨタに関しては1周に使えるエネルギー放出量(8MJ)や最大放出パワー(300kW)など、最低重量以外は昨年のル・マンと同じ数値となっている。

昨年のル・マン24時間レースに比べ、最低重量が7kg増やされることになったTS050ハイブリッド
昨年のル・マン24時間レースに比べ、最低重量が7kg増やされることになったTS050ハイブリッド

 一方、ノンハイブリッドLMP1マシンの最低重量には変更がないが、給油リグ・リストリクター径と1スティントあたりの使用可能燃料量が増加している。

 ノンハイブリッドでは、エンジンタイプによってEoTの数値が異なってくる。レベリオン・レーシングとバイコレス・レーシングは自然吸気エンジン、チームLNTのジネッタはターボエンジンを搭載している。

 1スティントあたりに使えるガソリンの量は自然吸気エンジン勢が昨年の50.8kgから55.4kgに、ターボエンジンでは48.4kgから52.8kgへと、それぞれ増加している。

 給油リグ・リストリクターは自然吸気エンジンで22.3mmから24.1mmへ、21.75mmから23.5mmへとそれぞれ拡大される。

 ノンハイブリッド勢において使用できる燃料が増えたこと、そしてトヨタの最低重量が増したことで、理論上の両者のパフォーマンス差は昨年より縮まることになる。

 2020年のル・マン24時間レース・LMP1クラスは、2台のトヨタ、2台のレベリオン、そしてジネッタとバイコレスから1台ずつの、計6台によって争われる。