「高性能を使い切る痛快さはIS F以上!」価格のこなれたレクサスIS350は過給機チューンがベストマッチ

スーパーチャージャー武装で高回転のフィールを強化!

高性能を使い切れる痛快さでIS Fに対抗する

レクサスISのデビューはレクサスが日本展開を開始した直後の2005年9月だ。D4-Sを採用した3.5L・V6エンジン『2GR-FSE』の搭載で高いスポーツ性能を誇るセダンとして人気を集めたが、5.0L・V8エンジンを積むIS Fが2007年に登場したことで、2番手イメージが付いてしまったことは否めない。しかし、IS350はチューニング適応度が高く、IS Fにはない楽しさをプラスすることが可能なのだ。

ラスティーはその潜在能力にいち早く気付き、IS350を始めとする2GR-FSE搭載車のチューニングに注力してきたショップだ。一方で、ライバル車種となるIS FやGS Fなど、5.0L・V8エンジン『2UR-GSE』搭載車についてもデモカーを導入。多角的な検証を行ってきた。

「IS Fはトルクがありすぎて踏み切れない、性能を持て余してしまう…というのが個人的な印象。その点でIS350は、エンジンとシャーシのバランスが良くて安心して全開にできるんです。高速クルージングならIS Fが有利ですけど、峠やサーキットで遊ぶなら断然IS350の方が魅力的ですね」とはラスティー有田さん。

もちろん3.5Lの排気量から繰り出されるトルクも十分なものだが、低中速重視の2GRのキャラクターに高回転領域での伸びをプラスし、さらなる楽しさを引き出すチューニングとしてラスティーが推奨するのがGTスーパーチャージャーキットのインストールだ。

取材車両はHKSのGTS7040スーパーチャージャーを装着していて、ノーマルの272ps(ダイナパック係数ゼロ)から、304psにまでパワーアップ。適切な係数を掛けると350ps前後となり、筑波サーキットではIS Fと互角以上の勝負ができるそうだ。

GTS7040コンプレッサー本体は、専用のブラケットを介して右バンクの側面下部に装着。トラクションドライブの効果で全域でのハイパワーとレスポンスを発揮する。なお、取り付けの予算はキット代とセッティング料を含めて90万~100万円が目安だ。

HKSのGTスーパーチャージャーキットには燃調と点火時期を制御するF-CON iSと、O2フィードバック領域での燃調セッティングを行うOSCといったセッティングツールが付属するが、ラスティーではSARDのCUVUによるECU書き換えで制御を行うことでバルタイセッティングにも対応。なお、燃料系はポンプのみ強化している。

取材車両はいわゆる通勤快速仕様だが、加速時に増大したトルクをきっちりと路面に伝えるためにはLSDが不可欠。レクサスの車格に合わせて、静粛性にも優れるクスコのタイプRSを装備している。

ちなみに、MT化が気になるユーザーも多いとは思うが、サードから販売されていたS6マニュアルトランスミッションキットはすでに生産終了。ラスティーでは、マークX GRMNの純正6速を流用するメニューを独自に展開しているので興味あるユーザーは問い合わせていただきたい。大まかな予算は200万円だ。

中古相場が落ち着き、100万円以内で手に入るようになったIS350だが、レクサスならではの高級感溢れる室内空間はやはり魅力。取材車両は運転席のみレカロSR-7に交換され、スポーツコクピットを構築する。

「レクサスのようなプレミアムスポーツは、いかに少ない手数で速さを引き出すかが重要です。IS350は車高調とLSDとハイグリップタイヤだけで、筑波を1分4秒台で走れるポテンシャルがあります。実は同条件のIS Fもタイムはほぼ同じなんですよね。プロドライバーが乗れば差は開くかもしれませんけど。スーパーチャージャーを付ければ、IS Fと互角以上に戦えると思いますよ」とは有田さん。

“ノーマル然とした外装に秘める高い戦闘力”というイメージで、痛快な下剋上マシンを仕立てるのに最高の一台と言えるだろう。

●取材協力:ラスティー 千葉県白井市冨士51-4 TEL:047-441-6226