カワサキ『ニンジャ400』に新色登場。2021年モデルは3色展開で10月1日から発売

 カワサキモータースジャパンは9月9日、カラーリングとグラフィックを変更した2021年モデルの『Ninja 400(ニンジャ400)』と『Ninja 400 KRT EDITION』を10月1日から発売すると発表した。

 スポーツモデルの『ニンジャ400』は、高出力な水冷4ストローク並列2気筒398ccエンジンを搭載しており、強力なトルクと爽快な加速が体感できる。最高出力は48馬力/10,000rpm、最大トルクは38Nm/8,000rpmを発揮する。

カワサキNinja 400(ニンジャ400)KRT EDITION ライムグリーン×エボニー
カワサキNinja 400(ニンジャ400)KRT EDITION ライムグリーン×エボニー

 優れたコントロール性やアップライトなライディングポジションに設定されており、ツーリングからスポーツ走行まで幅広くカバーできるモデルに仕上げられている。

 今回発売される2021年モデルはスペックや装備に大きな変更点はなく、φ41mmの大径フロントフォークやラジアルタイヤをノーマルで履くこと、LEDヘッドライトユニットが採用されることに変わりはない。

2021年モデルのカワサキNinja 400(ニンジャ400)KRT EDITION ライムグリーン×エボニー
2021年モデルのカワサキNinja 400(ニンジャ400)KRT EDITION ライムグリーン×エボニー
2021年モデルのカワサキNinja 400(ニンジャ400)メタリックスパークブラック
2021年モデルのカワサキNinja 400(ニンジャ400)メタリックスパークブラック
2021年モデルのカワサキNinja 400(ニンジャ400)パールナイトシェードティール×メタリックスパークブラック
2021年モデルのカワサキNinja 400(ニンジャ400)パールナイトシェードティール×メタリックスパークブラック

 カラーリングはニンジャ400 KRT EDITIONが『ライムグリーン×エボニー』、ニンジャ400は『パールナイトシェードティール×メタリックスパークブラック』と『メタリックスパークブラック』の2色展開。10月1日から発売される予定で、メーカー希望小売価格はメタリックスパークブラックが71万5000円、そのほかが72万6000円となる。

 カワサキNinja 400の詳細はカワサキモータースジャパンの公式ホームページ(https://www.kawasaki-motors.com/mc/lineup/ninja400/)まで。

2021年モデルのカワサキNinja 400(ニンジャ400)KRT EDITION ライムグリーン×エボニー
2021年モデルのカワサキNinja 400(ニンジャ400)KRT EDITION ライムグリーン×エボニー
2021年モデルのカワサキNinja 400(ニンジャ400)メタリックスパークブラック
2021年モデルのカワサキNinja 400(ニンジャ400)メタリックスパークブラック
カワサキNinja 400(ニンジャ400)KRT EDITION ライムグリーン×エボニー
カワサキNinja 400(ニンジャ400)KRT EDITION ライムグリーン×エボニー