住友理工:薄膜高断熱材「ファインシュライト」を開発

住友理工はこのたび、高断熱フィラーを塗料化した塗布型の薄膜高断熱材「ファインシュライト」を開発し、製品化した。

 住友理工は、コアコンピタンスである高分子材料技術を応用し、空気が動けないほど微細な、ナノサイズの細孔を持つ高断熱フィラー(シリカエアロゲル)を塗料化。不織布、成形樹脂などの基材にコーティングすることで、静止空気以上の高断熱性を発揮する薄くて柔軟な断熱材を開発した。

 同社は、熱の移動方法である対流・伝導・輻射のうち、対流に着目。固体で最も熱伝導率の低い物質であるシリカエアロゲルは、内部の細孔が空気の動けないほどの空間に仕切られており、空気が対流できないことにより熱伝導が抑制される。今回、このシリカエアロゲルを微細に粉砕した断熱フィラーとして加工。独自の高分子材料技術により、フィラーが高密度な状態を維持したままでの塗料化を実現し、塗膜として、静止空気の熱伝導率0.026W/mKを下回る、0.020W/mKを達成した。

断熱フィラーの構造

 住友理工はこの薄膜高断熱材「ファインシュライト」について、不織布にコーティングしたシートタイプでの供給を始めた。狭い隙間や空間にも設置でき、軽量であることから、同社が主な事業基盤とする自動車向けへはもちろん、熱対策が必要な家電、住宅、保冷ボックスなど幅広い用途での断熱対策に寄与する。さらに、不織布以外にもさまざまな基材に応用が可能なため、さらなる製品展開を見据えた開発を進めていく。

断熱シートの特徴
さまざまな基材に応用が可能な断熱材