都会派コンパクトSUV、ヤリスクロスの四駆機能をキックス、ヴェゼル、CX-3と比べてみよう!

降雪地に暮らす人やアウトドアレジャーを楽しむ人にとって、4WDの性能は気になるところだろう。ヤリスクロスは全グレードにプラス23万1000円で4WDを設定するが、競合車と比較するとヤリスクロスならではの強みが見えてきた。

クルマ選びにおいて、デザインや燃費、安全装備も重要だが、暮らしている地域や趣味によっては“駆動方式”を重視しているだろう。都市部では駆動方式を重視する必要はないが、降雪地では4WDの有無はクルマを選ぶ上で重要な項目になると聞いたことがある。

なかでもSUVは逞しいルックスや実用性の高さも理由に注目を集め、現在は国内外を問わず、様々なメーカーがSUVに力を注いでいる。とりわけ激戦区となっているのは、価格とボディサイズが手頃なコンパクトSUVで、ここにトヨタは2020年8月に「ヤリスクロス」を投入した。

もちろん、ヤリスクロスには前輪駆動(FF)だけでなく、ガソリン車はダイナミックトルクコントロール4WD、ハイブリッド車はE-Fourと称する4WDが設定されていて、価格は全グレードで前輪駆動よりも23万1000円高い。そんな4WDに焦点を当てて、競合車と比較してみよう。

日産・キックス

まず「日産・キックス」だが、そもそも4WDの設定がない。「ホンダ・ヴェゼル」には、全グレードにプラス22万円で“インテリジェントコントロールシステム”と称する4WDが設定されている。「マツダ・CX-3」にもプラス23万200円で“i-ACTIV AWD”という4WDが設定されている。

ホンダ・ヴェゼル

マツダ・CX-3

マツダ・CX-3

マツダ・CX-3

ただし、「ヴェゼル」も「CX-3」も路面状況をモニターして必要な時に後輪へとトルクを配分される。つまり、通常は前輪駆動でいざとなったら4WDになり、走行をサポートする。

ダウンヒルアシストコントロール

一方の「ヤリスクロス」では、路面状況によって駆動力を制御する点は変わらないが、降坂時に一定の車速をキープする「ダウンヒルアシストコントロール」や、悪路からのスムーズな脱出をアシストする「TRAILモード(ハイブリッド車のみ)」、アクセル操作に対するトルク制御で雪路でのスムーズな発進・走行をサポートする「SNOWモード」といった特定の状況に対する機能が充実している。

SNOWモード

TRAILモード

TRAILモード

TRAILモード

マルチテレインセレクト

さらに、ガソリン車にはMUD&SAND、NORMAL、ROCK&DIRTの3種類のモードを選べる「マルチテレインセレクト」が搭載される。

ひと口に4WDといっても、各車で機能は異なり、状況に応じてユーザー側で任意に制御を変更できる点が「ヤリスクロス」の強みだ。しかも、4WDはプラス23万1000円と競合車と比べても大きな差はない。降雪地に限らず、わずか1cmの積雪でパニックに陥る都市部でも、とりあえずは4WDを検討してみるのも良いかもしれない。