『フィアット500』に、花をモチーフとした限定車“スーパーポップ・フィオーレ”登場

 現行モデルが日本でもロングセラーを続けるイタリアの国民車『フィアット500(チンクエチェント)』に、花をモチーフとした限定車『500 Super Pop Fiore(スーパーポップ・フィオーレ)』が登場。8月29日より75台限定で発売開始となっている。

 その長いモデルライフで毎月のように“らしさ”溢れる限定車をリリースしてきた『フィアット500』だが、今回のモデルはイタリア語で花を意味する“Fiore(フィオーレ)”を車名に冠するように、イタリアの街角で目にすることの多いゼラニウム、ジャスミン、グリーンカーネーションの3種の花のような鮮やかなボディカラーが採用された。

 ゼラニウムは赤を、ジャスミンは白、グリーンカーネーションは緑を彩り、そのカラーコンビネーションでイタリア国旗のトリコローレを想起させる配色とし、限定車を象徴する特製ステッカーは、そのボディカラーを模したものとなっている。

 その専用ステッカーは車体のフロントフェンダーと、室内のインストルメントパネルにあしらわれ、インテリアではボディ同色でコーディネイトされたダッシュボードパネルや、丸みを帯びたインテリアデザイン、Apple CarPlayやAndroid Autoに対応したオーディオプレイヤーが備わるなど、花のある生活が心に彩りを与えるように、楽しい気分を盛り上げてくれる。

 ベースとなった500 ツインエア・ポップは、最高出力85PSを生み出す排気量875ccのツインエア・エンジンを搭載。ポコポコとした2気筒ターボ特有のビートの効いたエンジンフィールと、24.0km/L(JC08モード)の省燃費性能を誇っている。

 限定車専用の装備を採用しつつ、価格は229万円(税込)とベース車に比べてもお買い得な価格設定とし、前述のとおりボサノバ・ホワイト(限定35台)、パソドブレ・レッド(同20台)、ミント・グリーン(同20台)の3色が用意される。

インテリアではボディ同色でコーディネイトされたダッシュボードパネルや、おなじみチェック柄のシートを採用した
ボサノバ・ホワイト(限定35台)、パソドブレ・レッド(同20台)、ミント・グリーン(同20台)の3色が用意される
車体のフロントフェンダーと、室内のインストルメントパネルにあしらわれる専用ステッカー
車体のフロントフェンダーと、室内のインストルメントパネルにあしらわれる専用ステッカー

公式サイト:https://www.fiat-auto.co.jp/limited/superpop-fiore/