ストロール「3位はうれしいが、勝てたはずのレースだと思っている」レーシングポイント【F1第8戦決勝】

 2020年F1イタリアGP決勝で、レーシングポイントのセルジオ・ペレスは10位、ランス・ストロールは3位だった。

■BWTレーシングポイントF1チーム
セルジオ・ペレス 決勝=10位
 ランスとチームは表彰台という素晴らしい結果を出した。でも僕にとっては期待外れな日となった。起こりそうな悪いことがすべて起こった感じだよ。レースの序盤はひどいスタートのせいで、マクラーレンと(バルテリ・)ボッタスにポジションを取られてしまった。でもそこから僕たちの調子は上がってきたんだ。

 皆がピットに入り始めた時、ランド(・ノリス)がピットレーンで極端に速度を落とした。あれは危険だと思ったね。それで僕たちのピットストップが遅くなり、時間がかかってしまった。

 ピットストップの後、マックス(・フェルスタッペン)がターン2で衝突してきて、僕のマシンはダメージを負った。だからリスタート後はダメージを負ったまま走らなければならなかった。

 でも10位まで盛り返すことができてポイントを獲得できたのはよかった。ランスの表彰台フィニッシュのおかげでチームにとって素晴らしい日になったよ。

ランス・ストロール 決勝=3位
 表彰台に立ったのは久しぶりのことだ。待ったかいがあって2回目の表彰台を達成できた。またここに戻ることができて素晴らしい気分だよ。夢かと思ってまだ自分をつねっているんだ!

 レッドフラッグは奇妙な状況だった。通常はレース中に休憩時間なんてないからね。でもリセットして準備するだけで問題はなかった。

 まず、ピエール(・ガスリー)を祝福したい。クレイジーなレースだったけれど、彼は完全に勝者にふさわしい。リスタート時の蹴り出しが素晴らしかったし、その後も安定した走りをしていた。それが僕にとっては少々厄介だったけどね。

 なぜならこのレースは僕たちが勝てたレースだからだ。リスタートの時はグリップがなく、ホイールスピンが過度に起きたので、順位を落として6番手になってしまった。いくつかポジションを取り戻した後で、カルロス(・サインツJr.)といい戦いができた。彼を追い越したが、また追い抜かれ、僕は最後まで勝つためにプッシュし続けたよ。

 レッドフラッグのタイミングに関しては、僕たちは運が良かった。だけど運もF1の一部であり、僕はチャンスがあればいつだって運をつかんでいくつもりだ。

 とにかく、僕は今日の3位という結果をうれしく思う。チームのためにもね。こんなに強いマシンを与えてくれた彼らに感謝している。