最新プロトタイプがニュル出現! ボディパネルが露出したBMW M4クーペ

■新設計のドアハンドルやキックアップされアグレッシブになったキャラクターラインを確認

BMW M4クーペ_007
BMW M4クーペ_ 新型プロトタイプ

BMWが開発を進める「M4クーペ」の最新プロトタイプがニュルブルクリンクで最終テストを開始しました。これまでメガ・キドニーグリルこそ露出していた開発車両ですが、今回はリアクォーターウィンドウやサイドボディパネルを披露。

新設計のドアハンドルやキックアップされアグレッシブになったキャラクターライン、さらに4シリーズクーペ新型同様に「ホフマイスター・キンク」処理されていないウィンドウのアウトラインなどが鮮明に確認できます。

BMW M4クーペ_002
BMW M4クーペ_ 新型プロトタイプ

そのほか、バンパー両サイドにはワイドエアインテーク、フロントスプリッター、より筋肉質のボンネットフード、両側にカットアウトを備えたアグレッシブなフロントバンパーなどフロントエンドのデザインもベースモデルと差別化されていることがわかります。

パワートレインは、最高出力480hpを発揮する3.0リットル直列6気筒「S58」Mツインターボエンジンで、「コンペティション」では最高出力510hpへ引き上げられます。後輪駆動のほか、遅れて全輪駆動「M xDrive」が設定され、トランスミッションは8速「Mステップトロニック」、および6速MTと組み合わされます。

新型M3とM4のデビューは、9月中旬に予定されています。

(APOLLO)