ボッタス「オーバーヒートに苦しみポジションを取り戻すことができなかった」メルセデス【F1第8戦決勝】

 2020年F1イタリアGP決勝で、メルセデスのバルテリ・ボッタスは5位だった。

 2番グリッドからソフトタイヤでスタートしたボッタスは、1周目に6番手までポジションを落とした。タイヤのパンクを疑ったボッタスだが、チームからは異常なしとしてそのままレースを続行するよう指示を受けた。しかし順位を取り戻すことができないままセーフティカー出動時にミディアムタイヤに交換、赤旗中断を経て、大きく順位を上げることなく5位でフィニッシュした。

2020年F1第8戦イタリアGP バルテリ・ボッタス(メルセデス)
2020年F1第8戦イタリアGP バルテリ・ボッタス(メルセデス)

■メルセデス-AMG・ペトロナスF1チーム
バルテリ・ボッタス 決勝=5位
 難しい一日だった。スタートと1周目は悲惨だった。接触があったのでパンクしたと思ったのだが、そうではないと後で分かった。アンダーステアがひどく、マシンが片側に引っ張られるような感じだったんだ。それは後で良くなったが、トラフィックのなかで走っている際にオーバーヒートに苦しめられた。それでどうすることもできなかった。前のマシンに近づくたびに、オーバーヒートが出るために、再び距離を置くか、ストレートでクリーンエアを得る必要があったからね。そうなるとトウ(スリップストリーム)を得ることはできない。赤旗後、レース終盤には多少感触が改善された。

 今日は振り返って理解すべき問題が山のようにある。ムジェロに行く前にミーティングをする必要がある。次のサーキットと僕らのマシンは相性がいいはずだ。でもオーバーテイクは難しそうだから予選が重要になるだろう。