V6はもう見られない!? メルセデス・ベンツ Cクラス AMGに初の「53」設定へ

■V6と別れを告げ、2.0リットル直列4気筒を搭載、ハイブリッドテクノロジーを採用

メルセデス AMG C53_002
メルセデス AMG C53 市販型プロトタイプ

メルセデス・ベンツは、現在主力モデル「Cクラス」新型を開発中ですが、そのハイパフォーマンスモデルで、AMG「C43」後継モデルとなるAMG『C53』市販型プロトタイプをカメラが初めて捉えました。

南ヨーロッパで撮影されたプロトタイプは完全カモフラージュされており、ディテールは不明です。

ヒントは大径ホイール、大型ブレーキ、ワイドなトラック、仮に装着されているデュアルエキゾーストパイプで、偽装されたフロントマスクの下には、複数の垂直スラットを備えるパナメリカーナグリルや大口のコーナーエアインテークが隠されているはずです。パナメリカーナグリルは「A45」でも採用されているため、より大型のC53も濃厚といえるでしょう。

メルセデス AMG C53_009
メルセデス AMG C53 市販型プロトタイプ

リアエンドでは、トランクまで伸びるであろうテールライト、ナンバープレートの側面にはリバースライトが露出していることが見てとれます。

現行型AMG C43は、直噴3.0リットルV型6気筒ツインターボエンジンを搭載、最高出力は390hpを発揮します。一方、新型となる「C53」はV6と別れを告げ、2.0リットル直列4気筒を搭載、ハイブリッドテクノロジーを採用し、最高出力は「A45 S」と同様の416psに達する可能性があるといいます。

ベースとなるCクラスの発表が2020年後半、または2021年前半とみられており、C53はその約1年後と予想されます。

(APOLLO)