WTCR:ルノー・メガーヌR.S.TCRが世界戦へ。全20台のシーズンエントリーが確定

 スイスに本拠地を構えるVuković Motorsport(ブコビッチ・モータースポーツ)は、2020年のWTCR世界ツーリングカー・カップにシングルカー体制で参戦し、自社開発のルノー・メガーヌR.S.TCRを念願の世界戦に投入することを決定。イギリス出身の若手ジャック・ヤングを起用するとアナウンスした。同時に、9月12~13日の週末にベルギー・ゾルダーで開幕する2020年シーズンのフルエントリーリストも公開され、全20台の登録が確認された。

 ルノー・クリオUKチャンピオンのヤングは、若干18歳で2019年のTCRヨーロッパ・シリーズにデビュー。ブコビッチ・モータースポーツがルノースポールの支援を得て開発を続けてきたルノー・メガーヌR.S.TCRをドライブし、スペイン・バルセロナ戦で4位フィニッシュという好成績を残した。

 チームにとっても、ヤングにとっても念願の世界戦昇格は、新型コロナウイルス(COVID-19)感染症パンデミックの影響により、2020年のWTCRカレンダーが欧州域内限定とされたことに加え、シーズンエントリー申請の期限や方法が見直され、1台体制での参戦が許可されたことが後押しとなった。

「我々はこのTCRプログラム初期から、WTCRへの参戦を目標としてきた」と語るのは、ブコビッチ・モータースポーツ代表を務めるミレンコ・ブコビッチ。

「パンデミックによりヨーロッパ限定でレース開催数も減少した今季こそ、我々のような規模のチームがWTCRにチャレンジするベストな機会だと感じたんだ。参戦するからには、一貫して良いリザルトを残すことが重要だ」と続けたブコビッチ代表。

「WTCRでのコンペティションが非常に激しいことはわかっているが、チーム全体が競争力を維持するため非常に懸命に取り組んできた。我々の手でWTCRにルノー・ブランドを初登場させられることは光栄だし、その戦いをとても楽しみにしている」

「ジャックは昨年、我々のマシンが一線級で戦えることを証明すると同時に、彼自身もヨーロッパを代表するツーリングカー選手権のフロントランナーになれることを示した。それ以来、彼は我々の公式ドライバーであり、現在の仕様であるルノー・メガーヌR.S.TCRのすべての開発テストを担当してきた」

 ヤング自身はこの2020年に向けて、引き続きTCRヨーロッパ・シリーズでのプログラム拡大。つまりはフル参戦に向けた準備を進めてきたというが、その代替プランとしてグリッド上の最年少ドライバーとしてWTCRに昇格するチャンスが巡ってきたことに「ワクワクしている」と喜びを語った。

2019年TCRヨーロッパ・シリーズのバルセロナ戦でデビューを飾ったジャック・ヤングが、いきなりの世界戦昇格となった
段階的なEVO登録を含め、数シーズンを掛けて熟成が進められてきたルノー・メガーヌR.S.TCR

■フルシーズンエントリーの全20台が発表

「イギリスでのクリオカップUK制覇から、バルセロナでのTCR参戦まで、すべてが急速な勢いで進展していったんだ。それは素晴らしい経験であり、ルノーの可能性を示すこともできて本当にうれしかった」と振り返るヤング。

「その最終戦終了後のプランでは、TCRヨーロッパ・シリーズへのフル参戦が確定していた。でも、世界的な状況がその可能性を奪った。しかし、あるドアが閉まればまた別のドアが開き、TCRデビューと同じパッケージでWTCRにステップアップする可能性が生まれた。当然、そのチャンスに飛びついたよ」

「僕はキャリア全体を通して年長のドライバーたちとばかり戦ってきたので、グリッド上で“新入り”状態であることに慣れているんだ。目標は可能な限りベストを尽くし、できるだけ多くの経験を積み、チャンピオンシップを楽しむこと。急な成長曲線を描く必要もあるが、僕らはマシンに自信を持っている。開発を通して明らかにスピードを増しているし、期待は高まっているよ」

 この最新エントリーを含め、ほぼ同時に発表された全20台のリストは、SLR(セバスチャン・ローブ・レーシング)の離脱でフォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCRが姿を消したことが大きな変化ではあるものの、それ以外のマニュファクチャラーは参戦ドライバーのわずかな変更に留まる。

 今季はKTMGを引き継いで4台体制を敷くミュニッヒ・モータースポーツは、エステバン・グエリエリをエースに、ネストール・ジロラミ、ティアゴ・モンテイロ、アッティラ・タッシの4名を継続。ヒュンダイのBRCレーシングと、チーム・エングストラーも王者ノルベルト・ミケリスを筆頭にガブリエル・タルキーニ、ニッキー・キャツバーグ、ルカ・エングストラーの布陣を敷く。

 同じく4台体制のLynk&Coシアン・レーシングは、アンディ・プリオールに代わってサンティアゴ・ウルティアを起用。そしてスペイン・セアトの高性能車部門クプラの新型モデル『クプラ・レオン・コンペティションTCR』を導入するゼングー・モータースポーツは、ハンガリー出身のベンス・ボルディズ、ガボール・キスマティ-レヒナー、そしてシリーズ離脱となったPWRレーシングから移籍のミケル・アズコナの3台を走らせる。

 ベルギーのコムトゥユー・レーシングはシリーズを代表する大ベテラン、トム・コロネルとナサニエル・ベルトン、ジル・マグナスの3名がアウディRS3 LMSのステアリングを握り、昨季までそのアウディをドライブした2017年TCRインターナショナル王者のジャン-カール・ベルネイは、チーム・ミュルザンヌに移籍しアルファロメオ・ジュリエッタ・ヴェローチェTCRのシングルカー体制で挑む。

 この年間リスト以外にも、例年のように各ラウンドごとに数多くのワイルドカード枠エントリーが予想されている。

Lynk&Co Cyan Racingなどと同様の手法で、今季から4大体制を敷くこととなったMünnich Motorsport
CUPRAの新型モデル『Cupra León Competición TCR』を導入するZengő Motorsportは3台体制でのエントリーに