【トヨタ・RAV4をオフ系カスタム】サスは変えずにスペーサーだけで1.5インチの簡単リフトアップ!|ACC|足回り カスタム

ボルトオン装着で1.5インチアップ
リフトアップコイルとの併用も可能!


ACC
エーシーシー/イージーアップ

ACC RAV4 50系 リフトアップ 簡単
エーシーシー/イージーアップ

アップスプリングは、人気のリフトアップパーツだ。ただ、ほとんどの製品が1インチと、ちょっと物足りなく感じることも。

しかし、大がかりなリフトアップキットはコストもかかるし、上げ幅もかなり大きい。その間のスイートスポットを狙えるのが、ACC・イージーアップだ。

約1.5インチのスペーサーで、アップスプリングと合わせて約2.5インチアップを実現。しかも、ショックのストロークが変わらないため、乗り心地に影響がないのもうれしいポイント。

さらに海外製のキットでは高価だったり、加工が必要な物もあるけれど、イージーアップなら4万8000円でボルトオン装着が可能とお手軽なのもアドバンテージ。

もちろん単体でも使用可能なので、リフトアップの第一歩にもオススメだ。

前後のリフトアップスペーサーと、フロントのスタビリンクというシンプルな構成。取り付けも、ボルトオンでOKなのでお手軽。

リフトアップスプリングのタナベ・サステックUP40と、イージーアップを組み合わせると約2.5インチ(約6.3㎝)のリフトアップ。単体では、1インチ(約2.54㎝)UP。

フロント用

フロントのスペーサーは、車体のマウント受けとショックのアッパーマウントの間に取り付ける。加工などは一切必要がないのも特徴。

減衰力調整式ショックを使っている場合、ダイヤル操作ができなくならないよう穴を設けてある。普段はキャップで塞げる。

車高が上がることで、スタビリンクの位置が変わるため、専用のショートリンクが同梱。運転中の挙動が変わらないよう配慮。

リア用

リアはスプリング下に取り付け。ちょうどロアアームのスプリングポケット部分に収まり、スペーサーの厚みの分だけ車高が上がる。

スペーサーの厚みは、前後の車高バランスを考え
て、ACCが導き出した独自の寸法。RAV4の場合、リアが少し薄めだ。

【PARTS SPECIFICATION】
価格:4万8000円
適合:RAV4(50系ガソリン・4WD)

問:ACC 0790-23-0700
https://www.accincjp.com

スタイルワゴン2020年9月号より

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]