FIA-F2第8戦イタリア レース2:ティクトゥムが2勝目。角田裕毅はマシントラブルで脱落

 9月6日(日)、2020年FIA-F2第8戦イタリアのスプリントレース(決勝レース2)がモンツァで開催され、ダニエル・ティクトゥム(ダムス)が優勝。日本の松下信治(MPモータースポーツ)は12位、佐藤万璃音(トライデント)は14位、角田裕毅(カーリン)は6周遅れのフィニッシュでリタイア扱いとなった。

 陽炎立ち上がるモンツァは気温30.3度、路面温度38.7度でドライコンディション。規定周回数は21周、タイヤ交換の義務はない。

 スターティンググリッドは前日のリザルトが反映されるリバースグリッド制により、ポールはルイ・デレトラズ(チャロウズ・レーシング・システム)、2番手にティクトゥム、3番手にカラム・アイロット(ユニ・ヴィルトゥオーシ)、4番手に周冠宇(ユニ・ヴィルトゥオーシ)。

 角田は5番手、松下は15番手、佐藤は20番手からのスタート。ランキングリーダーのロバート・シュワルツマン(プレマ・レーシング)は9番グリッドにつけた。

 そして日本時間の18時10分にフォーメーションラップが開始され、レース2がスタート。ティクトゥムが好スタートを見せトップに立ち、後方では角田も順位を一つ上げ4番手で1周目を完了。またアーテム・マルケロフ(BWT HWAレースラボ)が動き出せず、ピットレーンスタートとなった。

 各所でバトルが展開されるなか、1周目に6番手まで浮上したレース1勝者のミック・シューマッハー(プレマ・レーシング)は2周目にクリスチャン・ルンガー(ARTグランプリ)を捉え5番手に浮上する。

 上位勢が3周目に突入しようとした矢先、角田が突如スローダウン。マシントラブルのようで、なんとかマシンをピットに運ぶも痛恨のノーポイントとなった。

 レースが中盤に差し掛かろうとする7周目、3番手アイロットは0.548秒後方に4番手シューマッハー、さらに0.384秒差で5番手の周を従え、3台が接近戦を展開する。

 8周目にはトウ(スリップストリーム)を使った周がシューマッハーに仕掛ける。シューマッハーは応戦するも1コーナー進入のブレーキングでタイヤスモークを上げオーバーラン。周は4番手に浮上した。

 ところが周は3コーナーを通過した直後にマシンがスローダウン。角田同様にマシントラブルで勝負権を失ってしまった。

 上位勢に変動が起きたのは残り10周となった12周目、アイロットがホームストレートでトウを使いデレトラズをパス。2番手にポジションを上げ、3.550秒先の首位ティクトゥムを追撃。14周目には4番手ルンガーもデレトラズを抜き去り表彰台圏内に入る。

 17周目、フェリペ・ドルゴヴィッチ(MPモータースポーツ)が1コーナーで追突されスピン。コース上に止まってしまったため、マシン回収のためVSC(バーチャルセーフティカー)が18周目途中まで導入された。

 VSC解除がラストアタックのゴングとなり、残り3周となった19周目に2番手アイロット、ルンガー、デレトラズ、シューマッハーが0.5秒間隔で走行。マシンの振動が目立つシューマッハーだが、20周目の1コーナーでデレトラズを抜き4番手へ浮上する。

 ティクトゥムは終始安定した走りでトップチェッカー。2位にはアイロット、ルンガーはレース1に引き続き連続で3位を獲得した。日本勢は松下が12位、佐藤は14位、トラブルを修復後にはファステストラップも記録していた角田は6周遅れでのフィニッシュとなった。

 ポイントランキングは首位に146点のアイロット、2番手に141点のシューマッハー、3番手は138点のシュワルツマン、4番手に123点の角田がつけている。

 次戦は9月11〜13日、イタリアのムジェロで開催される。

■FIA-F2第8戦イタリア スプリントレース(レース2) 暫定リザルト

Pos. No. Driver Team Time/Gap
1 2 D.ティクトゥム ダムス 21Laps
2 4 C.アイロット ユニ・ヴィルトゥオーシ 4.663
3 6 C.ルンガー ARTグランプリ 5.299
4 20 M.シューマッハー プレマ・レーシング 6.615
5 11 L.デレトラズ チャロウズ・レーシング・システム 7.072
6 21 R.シュワルツマン プレマ・レーシング 7.338
7 8 J.ダルバラ カーリン 10.989
8 9 J.エイトケン カンポス・レーシング 16.962
9 24 N.マゼピン ハイテックGP 18.782
10 1 J.ビップス ダムス 19.685
11 22 R.ニッサニー トライデント 30.844
12 14 松下信治 MPモータースポーツ 31.080
13 17 G.アレジ BWT HWAレースラボ 32.331
14 23 佐藤万璃音 トライデント 33.113
15 10 G.サマイア カンポス・レーシング 41.766
16 25 L.ギオット ハイテックGP 1’00.054
17 16 A.マルケロフ BWT HWAレースラボ 1Lap
18 12 P.ピケ チャロウズ・レーシング・システム 1Lap
19 5 M.アームストロング ARTグランプリ 1Lap
15 F.ドルゴヴィッチ MPモータースポーツ DNF
7 角田裕毅 カーリン DNF
3 周冠宇 ユニ・ヴィルトゥオーシ DNF