F1第8戦イタリアGP予選トップ10ドライバーコメント(2)

 2020年F1第8戦イタリアGP予選でポールポジション~5番手に入ったドライバーたちが土曜日を振り返った。

■アストンマーティン・レッドブル・レーシング
マックス・フェルスタッペン 予選=5番手

2020年F1第8戦イタリアGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
2020年F1第8戦イタリアGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)

 今のところあまりいい週末ではない。ローダウンフォース仕様のマシンで完璧なバランスを見つけるのに苦労している。

 グリップが不足していて、コーナーをうまく通過するのが難しくなっている。そういうわけで今日は5番手という結果になった。少しパワーが不足しているという要因もあるだろうが、それだけが理由ではない。この手のコースに合わせて微調整すべき他のことがいくつかあるし、コーナーでのペースが欠けているのは明らかだからね。

 僕はやれることすべてを試みた。モンツァで使うのに可能なあらゆるウイングレベルを試したが、最終的にラップタイムは変わらなかった。

 通常僕らは決勝では予選よりも高い競争力を発揮できるので、明日表彰台を獲得することは可能だと思っている。オーバーテイクは簡単ではないだろうが、3番手から10番手までのタイム差はとても小さい。3番手を狙って戦えると思うよ。ただ、メルセデスの話はできないね。彼らは違うレベルにいるから。

 モンツァは特殊なコースだから、通常のレイアウトのコースに行けば、また3番手の位置に戻れると思う。

(自身の公式サイトに語り)Q2以降、(チームメイト同士でスリップストリームを利用し合うために)僕は最初のランをリードし、2回目のランではアレックス(アルボン)がリードするという走り方をした。Q3でも同じことをしたが、全員が連なって走っていたから、結局は効果が出なかった。

 シーズンをスタートする段階では、メルセデスと戦うことを考えていた。でもモンツァに来ると、マクラーレン1台とレーシングポイント1台より後ろに下がってしまった。いいことじゃない。今年は、ローダウンフォース仕様で走ると、マシンのリヤ部が神経質で、それが今の問題点になっている。

■BWTレーシングポイントF1チーム
セルジオ・ペレス 予選=4番手

セルジオ・ペレス(レーシングポイント)
2020年F1第8戦イタリアGP セルジオ・ペレス(レーシングポイント)

 チームは今日、素晴らしい仕事をしてくれた。マシンを改善すべく、すべてのセッションで懸命に作業に当たり、その結果、すごいスタート位置を確保することができた。マシンをレース用にセッティングすることに集中していたので、予選でこれだけの競争力を発揮したことに驚いている。

 ここはオーバーテイクが簡単ではないから、予選をうまくやることが常に重要だ。4番手は素晴らしいスターティングポジションだよ。僕らは前進しているし、明日表彰台をかけて戦うことができると自信を持っている。

 エンジンモードに関する議論が多くなされているが、予選での僕らにもおそらく少しの影響があった。でもそれが明日のレースペースでプラスになるはずだ。

 こういう結果を出せたことはチームにとっていいことだ。週末の間に状況をこれだけ好転させられたのはすごいことだよ。ここからは、明日良い結果を出すことに集中していこう。

■マクラーレンF1チーム
カルロス・サインツJr. 予選=3番手

カルロス・サインツJr.(マクラーレン)
2020年F1第8戦イタリアGP カルロス・サインツJr.(マクラーレン)

 3番手という結果には大満足だ! ガレージの皆が頑張ってくれたおかげだね。チーム全員にとっていい一日になった。

 Q3で戦えるだけの速さがあるとは思っていたけれど、これほど接戦の予選でメルセデス2台の後ろの3番手だなんて、最高の気分だよ。

 Q1最初にいいラップを走れたことで、新品ソフトタイヤ2セットをQ3に残すことができた。予選最後のアタックでは自分のすべてを出し切って、すごくいいラップを走れた。それでこの3番手をつかむことができたんだ。

 まだ仕事が終わっていないことは分かっている。ポイントが与えられるのは明日だからね。クリーンなレースを走り、今日の結果を最大限に活用したいと思っている。

■メルセデス-AMG・ペトロナスF1チーム
バルテリ・ボッタス 予選=2番手

2020年F1第8戦イタリアGP バルテリ・ボッタス(メルセデス)
2020年F1第8戦イタリアGP バルテリ・ボッタス(メルセデス)

 もちろんポールを逃したことに落胆している。これほどまでに僅差だったのだからなおさらだ。今週末はずっといいペースを発揮していたが、予想していたとおりにかなりの接戦になった。

 今週末は(予選アタック時に)先頭を走ることに決めていたので、トウ(スリップストリーム)を得ることができなかった。唯一得られたQ2では最速タイムを記録できたけど、Q3では単独で走った。いい位置取りだったと思う。コーナーではクリーンエアで走ることができるからね。もちろんストレートでトウの恩恵を受けることはできないが。そのあたりのいいバランスを見つけるのは難しい。

 それでもいいラップを走れたと思う。明日が楽しみだよ。金曜のロングランではルイスと同等のレースペースを発揮していた。ここはさまざまなチャンスを与えてくれるコースだから、それをうまく活用できるかどうかは僕次第だ。まだ可能性は残されている。

ルイス・ハミルトン 予選=ポールポジション

2020年F1第8戦イタリアGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)がポールポジションを獲得
2020年F1第8戦イタリアGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)がポールポジションを獲得

 かなり接戦だったので、楽な予選ではなかった。絶対にクリーンなラップを決める必要があったんだ。Q3では2回ともいいラップを走ることができたのでよかったよ。
 自分のラップにとても満足している。バルテリとの差は本当に小さくて、プレッシャーはとても大きかった。

 予選に向けて大きな変更を施していたので、予選前には少し心配だったが、結局はすべてうまくいった。

 チームの皆は今日素晴らしいパフォーマンスを発揮してくれたし、特にエンジンルールの変更にうまく対応してくれた。ファクトリーの皆に敬意を表したい。彼らは脇目も振らずに仕事に当たってくれた。彼らが信じられないような仕事を成し遂げてくれた結果、今日のリザルトを手に入れることができた。このつながりのなかの一員であることを誇りに思っている。

 明日どういうレースになるのか、とても楽しみだ。楽しいバトルになるだろう。