アキュラが1秒差でマツダを下し乱戦を制覇。道見がクラス優勝/IMSAロードアトランタ6時間

 9月5日、IMSAウェザーテックスポーツカー選手権第6戦がジョージア州のミシュラン・レースウェイ・ロードアトランタで行なわれ、DPiクラスではポールポジションスタートだったアキュラ・チーム・ペンスキーの7号車アキュラARX-05(エリオ・カストロネベス/リッキー・テイラー組)が勝利を挙げた。

 バージニアで行なわれた前戦・第5戦はGTLMとGTDクラスのみで争われるイベントだったが、この第6戦はDPiとLMP2クラスも含めた全4クラスが出場するレースとなった。

 本来この週末には、ニューヨーク州ワトキンス・グレンで伝統の6時間レースが行なわれる予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響によってグレン戦が中止。かわって舞台はロードアトランタへと移り、レース時間はそのまま6時間で争われることとなった。

 長距離戦(ほかはデイトナ24時間、プチ・ル・マン10時間、セブリング12時間)にかけられる「ミシュラン・エンデュランス・カップ」タイトルを冠したレースである点も、グレン戦から引き継がれている。

 4日金曜に行なわれた予選では、7号車アキュラのカストロネベスがポールポジションを獲得。僅差でアクション・エクスプレス・レーシングの31号車キャデラックDPi-V.R(フェリペ・ナッセ/ピポ・デラーニ/フィリペ・アルバカーキ組)のナッセがフロントロウに並んだ。

 3番手は6号車アキュラ(ファン・パブロ・モントーヤ/デーン・キャメロン組)。4番手はマツダ・モータースポーツの77号車マツダRT24-P(オリバー・ジャービス/トリスタン・ヌネス/オリビエ・プラ組)が続いたが、77号車はエンジン交換のペナルティにより、DPiクラス最後尾からのスタートとなった。

 土曜日の11時35分にスタートした6時間の決勝レースは、序盤から荒れ模様となる。スタート直後には31号車キャデラックとの接触により6号車アキュラがスピン。ナッセにはドライブスルーペナルティが課せられる。

 また、ポールスタートだった7号車アキュラのカストロネベスは、最初のピットインにおけるピットレーンスピード違反ならびにピット出口の赤信号無視により、ドライブスルーと60秒のストップ&ゴーという2度にわたるペナルティを受け、1ラップダウンとなってしまう。

 これらの結果、最初の1時間をリードしたのはウェイン・テイラー・レーシング10号車キャデラックDPi-V.R(レンガー・バン・デル・ザンデ/ライアン・ブリスコー組)のバン・デル・ザンデとなった。

 10号車キャデラックはその後もレース前半のほとんどをリードしたが、レースの折り返し点を前にブリスコーがパンクチャーに見舞われ、ピットで数分をロスすることとなってしまう。

 この結果、オープニングラップでスピンを喫しながらも大きなダメージを避けることができていた6号車アキュラが、3時間経過時点でのリーダーとなった。

 以下、2番手には77号車マツダ、3番手には31号車キャデラック、4番手は55号車マツダ(ジョナサン・ボマリト/ハリー・ティンクネル/ライアン・ハンター・レイ組)と続く。ハーフウェイを迎えても8台のDPiマシン中7台がリードラップ内で争う混戦模様が続く。

 4時間目にはレースをリードするに至った77号車マツダだったが、ブレーキにトラブルを抱えて優勝争いから脱落。開始5時間が過ぎてもトップ6台が40秒以内に入るという展開を見せるなか、7号車が前線に復帰したアキュラ勢がワン・ツー態勢を築いていく。

 だがアキュラ6号車のモントーヤは、ピット入口で10号車キャデラックのブリスコーと接触。これによって両車はダメージを負い、ブリスコーにはドライブスルー・ペナルティが与えられた。

 さらにモントーヤはGTDクラスのフェラーリと接触し、レースを終えてしまう。このアクシデントによりフルコースイエローが導入され、レースは残り2周で再開されることとなった。

 カストロネベスは55号車マツダのティンクネルを押さえ込み、0秒983差でフィニッシュラインへ逃げ切った。カストロネベスとテイラーは、前戦ロードアメリカから連勝、今季はじめて、2勝を挙げたコンビとなった。

 2位に55号車マツダ、3位に31号車キャデラックが続き、5位でフィニッシュした10号車キャデラックのバン・デル・ザンデとブリスコーが、チャンピオンシップにおけるリードを保っている。

ロードアトランタ6時間レースで優勝を挙げたアキュラ・チーム・ペンスキーの7号車アキュラARX-05エリオ・カストロネベス/リッキー・テイラー組
ロードアトランタ6時間レースで優勝を挙げたアキュラ・チーム・ペンスキーの7号車アキュラARX-05エリオ・カストロネベス/リッキー・テイラー組

2位に入ったマツダ・モータースポーツの55号車マツダRT24-P
2位に入ったマツダ・モータースポーツの55号車マツダRT24-P

3位となったウェーレン・エンジニアリング・レーシング31号車キャデラックDPi
3位となったウェーレン・エンジニアリング・レーシング31号車キャデラックDPi

■GTDで道見真也組NSX GT3がクラス優勝

 GTLMクラスの予選では、911号車ポルシェ911RSR(ニック・タンディ/フレデリック・マコヴィッキ組)がクラスPPを獲得。GTDクラスでは12号車レクサスRC F GT3(フランキー・モンテカルボ/タウンゼント・ベル/アーロン・テリッツ組)がクラスPPを獲得し、レースがスタートした。

 GTLMクラスでは、序盤911号車ポルシェがリードを守るも、やがてコルベット・レーシングの3号車シボレー・コルベットC8.R(アントニオ・ガルシア/ジョーダン・テイラー組)がトップに浮上。その背後にBMW Team RLLの25号車BMW M8 GTE(ブルーノ・シュペングラー/コナー・デ・フィリピ組)、同じく24号車BMW(イェッセ・クローン/ジョン・エドワーズ組)という2台のBMWがつける展開となる。

 その後、一度はポジションを下げていた911号車ポルシェや、4車号コルベット(オリバー・ギャビン/トミー・ミルナー組)が上位に進出する混戦模様のなか、最後のピットストップ後に見せ場がやってきたのは25号車BMWのデ・フィリピだった。

 デ・フィリピは911号車ポルシェと4号車コルベットを続けざまにパス。この日初めてのクラスリードを奪うと、そのままクラストップでチェッカーを受けた。2位には4号車コルベット、3位に24号車BMWが入っている。

GTLMクラスで優勝を飾ったBMW Team RLLの24号車BMW M8 GTE
GTLMクラスで優勝を飾ったBMW Team RLLの24号車BMW M8 GTE

GTLMクラスで2位となったコルベット・レーシングの4号車シボレー・コルベットC8.R
GTLMクラスで2位となったコルベット・レーシングの4号車シボレー・コルベットC8.R

 GTDクラスでは、レースの大半をポール・ミラー・レーシングの48号車ランボルギーニ・ウラカンGT3 Evoがリードする展開となった。

 だがマイヤー・シャンク・レーシングの86号車アキュラNSX GT3(マリオ・ファーンバッハー/マット・マクマリー/道見真也)が3人目のファーンバッハーに代わるタイミングでの素早いピットストップと、その後のファーンバッハーの快走によって48号車を退け、クラス優勝を遂げた。

GTDクラスで優勝を遂げたメイヤー・シャンク・レーシングの86号車アキュラNSX GT3マリオ・ファーンバッハー/マット・マクマリー/道見真也
GTDクラスで優勝を遂げたマイヤー・シャンク・レーシングの86号車アキュラNSX GT3マリオ・ファーンバッハー/マット・マクマリー/道見真也組

 1月に行なわれた開幕戦デイトナ24時間に続き、86号車アキュラのドライバーに加わった道見はスタートを担当。2時間以上に及んだ担当スティントで2番手まで順位を上げ、バトンをつないだ。

「この気持ちを表現することはできません」と道見はIMSA公式サイトにコメントしている。

「IMSA、とくにデイトナ24時間はずっとウォッチし続けてきたレース。念願かなって今季は4レースに出場できることになりましたが、これは自分にとって大きなステップでした。そしてこうやって勝利を手にして……正直、(このことが持つ意味を)言葉にできません」

 アキュラにとっては、DPiとGTDというふたつのクラスを同時に制した初めてのレースとなった。

GTDクラスで優勝を遂げたメイヤー・シャンク・レーシングの86号車アキュラNSX GT3
GTDクラスで優勝を遂げたマイヤー・シャンク・レーシングの86号車アキュラNSX GT3

GTDクラス2位のポール・ミラー・レーシング48号車ランボルギーニ・ウラカンGT3 Evo
GTDクラス2位のポール・ミラー・レーシング48号車ランボルギーニ・ウラカンGT3 Evo