ガスリー10番手「上とは僅差。このパッケージならいいレースができる」アルファタウリ・ホンダ【F1第8戦予選】

 2020年F1イタリアGPの土曜予選で、スクーデリア・アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーは10番手だった。

 FP3では1分20秒936で12番手、予選Q1では1分20秒145で5番手、Q2では1分19秒909で6番手、Q3では1分20秒177で10番手で、すべてソフトタイヤでタイムを出した。

 ガスリーはQ1でターン11のトラックリミット違反によりタイムを取り消されている。
 FP3においてターン11手前で不必要に低速で走行した疑いで審議が行われたが、スチュワードはペナルティ対象にはならないという裁定を下した。

2020年F1第8戦イタリアGP ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)
2020年F1第8戦イタリアGP ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)

■スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ
ピエール・ガスリー 予選=10番手
 今回もQ3に進出することができてうれしい。FP3では苦労し、予選に向けてペースを見つけ出す必要があった。でもQ1とQ2では速さを発揮することができ、Q2では6番手だった。

 でもQ3では新品タイヤでの最初のランはあまりうまくいかず、オーバーステアに苦しみ、スライドしまくっていた。2回目のランではユーズドタイヤでのラップとしてはよかったけれど、新品タイヤでアタックしたドライバーたちにはかなわなかった。

 10番手どまりだったが、上とはかなり僅差だ。僕らのパッケージには、明日いいレースができる力があると思っている。