FIA-F2第8戦イタリア レース1:シューマッハーが念願のフィーチャーレース初優勝。角田裕毅は4位入賞

 9月5日(土)、2020年FIA-F2第8戦イタリアのフィーチャーレース(決勝レース1)がモンツァで開催され、ミック・シューマッハー(プレマ・レーシング)が今シーズン初優勝。日本の角田裕毅(カーリン)は4位、松下信治(MPモータースポーツ)は15位、佐藤万璃音(トライデント)は20位だった。

 気温30度、路面温度36.5度の快晴で、路面はドライコンディション。規定周回数は30周、タイヤ交換を伴う1回のピットインが義務付けられソフトとミディアムが選択された。

 レース前のポイントランキングは首位のロバート・シュワルツマン(プレマ・レーシング)が132ポイント。2番手にカラム・アイロット(ユニ・ヴィルトゥオーシ)で122ポイント。3番手に111ポイントの角田となっている。

 スターティンググリッドは、ポールポジションにアイロット、2番手に角田、3番手はルカ・ギオット(ハイテックGP)、4番手にクリスチャン・ルンガー(ARTグランプリ)の順に。

 佐藤は13番手、松下は前戦ベルギーでの3グリッド降格ペナルティが適用され16番手から上位を狙い、シュワルツマンは15番手スタートとなった。

 そして日本時間の23時45分、フォーメーションラップが開始、フィーチャーレースが幕を開けた。

 アイロットがホールショットを奪い、後方では7番手グリッドからシューマッハーがロケットスタートを決めて一気に2番手までポジションを上げて見せる。

 角田は1コーナーで集団に飲まれて4番手までドロップ。後方では大きな接触やトラブルなく全車1周目を完了した。

 上位勢は各車1秒以内のマージンをキープしながら周回。5周目にはペースのいい角田がルンガーを1コーナーで制し3番手に浮上する。

 だが角田以下4台ほどが団子状態で走行し、6周目の1コーナーにルンガーがイン、角田が中央、ルカ・ギオット(ハイテックGP)がアウトに並ぶスリーワイドで突入する。

 間に挟まれた角田にギオットが軽く接触し、ギオットはオーバーラン。角田はレコードラインを守りダメージこそないが4番手にドロップしてしまった。

 しかし角田は落ち着いた走りを見せ、次の周には3番手まで回復する。またソフトタイヤスタート勢がこのあたりからピットインを開始する。

 上位勢でまず動いたのは首位を走っていたアイロットで12周目にピットイン。角田も同じタイミングでタイヤ交換を行った。

 だがアイロットはタイヤ交換作業が完了するもエンジンがストールしてしまい大幅にタイムロス。最後はクルーがマシンを押しながら送り出すが、勝負権を失ってしまった。

 これで角田は見た目上16番手でコースインし、翌周にピットインした暫定トップのシューマッハーは角田の3.736秒前、14番手でコースに復帰している。

 ソフトスタートで首位を走っていたギオットは15周目にピットインしタイヤを交換。実質的な首位争いは暫定13番手のシューマッハーを先頭に以下ルンガー、ギオット、角田の順で周回を重ねることとなった。

 18周目あたりからはミディアムスタート勢がピットインを開始し、翌周には暫定2〜4番手の3台、ダニエル・ティクトゥム(ダムス)、ロイ・ニッサニー(トライデント)、松下がタイヤを交換。

 20周目には暫定首位のユーリ・ビップス(ダムス)がピットインしたためシューマッハーが首位に復帰する。その3.557秒後方に2番手ルンガー、以下ギオット、角田、デレトラズ、シュワルツマンの隊列でレース残り3分の1に突入する。

 ペースが良いのは痛恨のピットミスがあったアイロット。22周目にはマーカス・アームストロング(ARTグランプリ)を抜いて7番手まで挽回し、次の周ではシュワルツマンも攻略し6番手まで回復する。

 後方では24周目にニキータ・マゼピン(ハイテックGP)
が2度目のピットイン。レース序盤にニッサニーとのバトルでグラベルに押し出された影響かマシンに不調を抱え、ここでリタイアとなった。

 アイロットは毎周のようにライバルを交わしていき25周目にはデレトラズを抜いて5番手に。次のターゲットは0.952秒前方を走る角田となる。

 角田とアイロットとの対決が一旦落ち着くも、今度は2番手争いが激化。28周目の1コーナーでジリジリと差を詰めていたギオットがルンガーを捉えて2番手をもぎ取った。

 このまま順位に変動はなくシューマッハーが今季初勝利。昨年ハンガリーのスプリントレース以来で、自身初のフィーチャーレース優勝を飾った。

 2位には母国レースの維持を見せレースを盛り上げたギオット。3位にはルンガー。角田は4位でフィニッシュし、松下は15位、佐藤は20位でレースを終えている。

 表彰式にはマッティア・ビノットチーム代表らフェラーリF1のスタッフも駆けつけシューマッハーを見守った。

 ポイントランキングは首位が134ポイントのシュワルツマン、同ポイントだが勝利数の差で2番手にアイロット、3番手には優勝したシューマッハーが131ポイント、角田は123ポイントで4番手となった。

 スプリントレース(決勝レース2)は、9月6日(日)の18:10にスタートする。

■FIA-F2第8戦イタリア フィーチャーレース(レース1) 暫定リザルト

No. Driver Team Time/Gap
20 M.シューマッハー プレマ・レーシング 30Laps
25 L.ギオット ハイテックGP 3.185
6 C.ルンガー ARTグランプリ 7.321
7 角田裕毅 カーリン 9.279
3 周冠宇 ユニ・ヴィルトゥオーシ 12.553
4 C.アイロット ユニ・ヴィルトゥオーシ 15.145
2 D.ティクトゥム ダムス 15.291
11 L.デレトラズ チャロウズ・レーシング・システム 17.561
21 R.シュワルツマン プレマ・レーシング 18.228
8 J.ダルバラ カーリン 21.154
1 J.ビップス ダムス 23.947
12 P.ピケ チャロウズ・レーシング・システム 25.004
9 J.エイトケン カンポス・レーシング 27.859
5 M.アームストロング ARTグランプリ 28.379
14 松下信治 MPモータースポーツ 28.666
15 F.ドルゴヴィッチ MPモータースポーツ 29.257
16 A.マルケロフ BWT HWAレースラボ 29.927
17 G.アレジ BWT HWAレースラボ 30.343
22 R.ニッサニー トライデント 33.081
23 佐藤万璃音 トライデント 51.408
10 G.サマイア カンポス・レーシング 52.406
24 N.マゼピン ハイテックGP DNF