荒天による赤旗中断も22時30分からセーフティカー先導によりレースが再開【スーパー耐久第1戦富士24時間】

 荒天により赤旗が掲示され、約4時間のレース中断となっていたピレリ・スーパー耐久シリーズ2020第1戦『NAPAC 富士 SUPER TEC 24時間レース』が、22時30分にレースが再開されることとなった。

 9月5日15時にスタートした『NAPAC 富士 SUPER TEC 24時間レース』は、序盤こそドライコンディションに恵まれていたが、降り始めた雨は強まり、レース開始から1時間半でFCY(フルコースイエロー)が出され、その後も降雨によりセーフティカー先導にでの周回が続いた。
 
 17時8分にレースは再開されたものの、18時7分に降雨を理由に赤旗が掲示されレースは中断となった。

 その後、レース再開予定時間の案内が幾度となく順延していたものの、9月5日22時30分に決勝レースが再開されることが決定。

 再開に伴い、22時からは各チームのメカニックが5名までホームストレート上に入場し、再開に向けた作業に入っている。

 『NAPAC 富士 SUPER TEC 24時間レース』は9月5日22時30分にセーフティカー先導で再開される。

2020 NAPAC 富士 SUPER TEC 24時間レースは降雨により長時間の赤旗中断となった
2020 NAPAC 富士 SUPER TEC 24時間レースは降雨により長時間の赤旗中断となった
2020 NAPAC 富士 SUPER TEC 24時間レースは降雨により長時間の赤旗中断となった
2020 NAPAC 富士 SUPER TEC 24時間レースは降雨により長時間の赤旗中断となった
2020 NAPAC 富士 SUPER TEC 24時間レースは降雨により長時間の赤旗中断となった
2020 NAPAC 富士 SUPER TEC 24時間レースは降雨により長時間の赤旗中断となった