2020富士24時間:3時間経過も荒天により赤旗中断。序盤から荒れた展開に

 9月5日15時にスタートしたピレリ・スーパー耐久シリーズ2020第1戦『NAPAC 富士 SUPER TEC 24時間レース』。スタートから3時間ほど経過した18時7分に荒天により赤旗が掲示され、レースは中断となっている。

 24時間の決勝レース、気温30度、路面温度46度、湿度は57.8%というコンディションのなか迎えたスタートではアクシデントもなく、ピットスタートとなったST-TCRクラスのREBELLION Mars Audi RS3 LMSを含め全45台がスタートをきった。

2020 NAPAC 富士 SUPER TEC 24時間レース グループ1 スタート
2020 NAPAC 富士 SUPER TEC 24時間レース グループ1 スタート
2020 NAPAC 富士 SUPER TEC 24時間レース グループ2スタート
2020 NAPAC 富士 SUPER TEC 24時間レース グループ2スタート

 3周目、総合4番手からスタートのDAISHIN GT3 GT-Rの星野一樹がHIRIX GOOD DAY RACING AMG GT3の高木真一をオーバーテイクし、総合3番手に浮上。4日に行われたDドライバー公式予選でクラッシュし、5日10時からのウォームアップ走行にも走らず、修復からぶっつけ本番で24時間の決勝を迎えることとなったDAISHIN GT3 GT-Rだったが、続いて総合2位MP Racing GT-Rの松田次生を追う好調を見せる。しかし、6周目という早いタイミングでピットイン。給油を行い、ラジエータのガムテープを剥がしてピットアウト。このピットにより、HIRIX GOOD DAY RACING AMG GT3が3番手のポジションを取り戻した。

 レース開始から10周目にはポールポジションスタートのD’station Vantage GT3を松田次生がドライブするMP Racing GT-Rがかわし、トップに浮上した。

 そんななか、天気予報のとおり、富士スピードウェイを徐々に雨雲が覆い始める。

 雨粒が落ち始めたかと思いきや、16時32分には大雨となりFCY(フルコースイエロー)が出され各車はスピードダウン、その6分後にはセーフティカーが導入された。

 雨脚が弱まった17時8分にレースは再開。ウエットコンディションのなか、レースは続いていく。

 76周目、この時点で総合トップを走行していたD’station Vantage GT3の右リヤのハブが折れ、タイヤが外れてしまう。外れたタイヤは13コーナーの真ん中に落ちてしまい、改修に伴い再びFCYが導入される。なお、D’station Vantage GT3はリペアエリアで修復に入っており、修復され次第レースに復帰する見込みだ。

 日没を迎え、さらに視界も悪くなる大雨のなか各車ここでルーティーンのピットを済ませる。

 そのなかでピットに入ったST-XクラスのHIRIX GOOD DAY RACING AMG GT3が出火。原因は給油システムを支えるホースの接合部分が外れ、噴出した燃料がエギゾーストに触れたためであった。火は即座にチームにより消火され、ドライバーの根本悠生も無事脱出しており怪我人もいないとのことだ。

このアクシデントによりマシンはガレージに収められチェック作業に入ることとなったが、レースが再開された際にはコース復帰を予定している。

ピット作業中に出火したHIRIX GOOD DAY RACING AMG GT3
ピット作業中に出火したHIRIX GOOD DAY RACING AMG GT3

 その後、セーフティカー先導で周回を続けていたなか、18時7分に赤旗が掲示されレースは中断となった。レースコントロールによると、21時30分まで走行再開はないとのことだ。

 赤旗掲示時点で総合トップに躍り出たのは、ST-Xクラス4番手スタートのDAISHIN GT3 GT-R。ST-ZクラスはENDLESS AMG GT4、ST-1クラスはADVICS muta Racing RC F、ST-2クラスはDAMD MOTUL ED WRX STI、ST-3クラスは5ZIGEN WINMAX RC 350 TWS、ST-4クラスはGRGarage⽔⼾インターGR86、ST-5クラスはJ’S RACING☆FITがクラストップとなっている。

スタート直前、雨雲が近づく富士スピードウェイ
スタート直前、雨雲が近づく富士スピードウェイ
2020 NAPAC 富士 SUPER TEC 24時間レース 序盤はドライコンディションでレースが続いた
2020 NAPAC 富士 SUPER TEC 24時間レース 序盤はドライコンディションでレースが続いた