100台限定の「ルノー カングー アシエ」には、人気のMT仕様も設定【新車】

■カングーらしい道具感を強く醸し出す限定車

輸入MPVの中で圧倒的な存在感を放つルノー カングー。2020年はコロナ禍によりオンライン開催になりましたが、カングージャンボリーはフランス本国にもよく知られたイベントにまで成長しています。

熱烈なファンの多いルノー カングー。似たタイプの輸入MPVはほとんどありませんでしたが、シトロエン・ベルランゴ、プジョー・リフターが日本導入されたことにより、ついにライバル出現という状況になっています。

ルノー カングー
100台限定の「ルノー カングー アシエ」が登場

そんな中、ルノー・ジャポンは、グレーのボディカラーにブラックバンパーやスチールホイールにホイールセンターキャップ(ブラック)などが装備された「ルノー カングー アシエ」の限定発売を発表しました。

限定台数は100台で、その内訳は、6AT(6EDC)が60台、 6MTが40台。9月10日(木)から9月13日(日)まで予約の申込みを受付け、申込みが販売台数を上回った場合は抽選販売になります。

ルノー カングー
「グリ アーバン」の専用ボディカラー、前後ブラックバンパーなどが特徴

本国フランスでは、大半のカングーがプロユース、商用として使われていて、フランスの街並みとカングーは、 切っても切り離せない風景となっており、今回の限定車「ルノー カングー アシエ」は、そんなフランスの街中を駆け回るタフな働くクルマをイメージしています。

ルノー カングー
「ルノー カングー アシエ」のホイールボルトカバー(ブラック)

エクステリアは、専用色の「グリ アーバン(グレー)」をはじめ、ホイールセンターキャップ(ブラック)、ホイールボルトカバー(ブラック)、ボディ同色フロントグリルブレード、ブラックフロントバンパー、ブラックリヤバンパー、ブラックドアミラーが装備されます。

ルノー カングー
操作のしやすさで定評のある6MTも設定

トランスミッションは、6AT(6EDC)モデルに加え、6MTモデルも用意されています。カングーはMT比率が高いそうなので、MTの設定はファンには朗報でしょう。

価格は、6ATが264万7000円、6MTが254万6000円です。カングーの限定車は数多く、中でも定番の「クルール」はブラックバンパーなどが道具感を強く醸し出していて人気を集めています。

今回の「ルノー カングー アシエ」も人気仕様になりそうです。

(塚田勝弘)