ベッテル「バルーンのようなタイヤに苦しんでいる」フェラーリ【F1第8戦金曜】

 2020年F1イタリアGPの金曜、フェラーリのセバスチャン・ベッテルはフリー走行1=19番手/2=12番手だった。

 FP1では24周を走行し1分22秒988(ミディアムタイヤ)、FP2では28周のなかで1分21秒733(ソフトタイヤ)を記録した。

 ベッテルは複数回のトラックリミット違反を取られており、FP1とFP2それぞれで、ターン5およびターン11での違反により合計4回分のタイムが取り消された。

2020年F1第8戦イタリアGP セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)のイタリアGPスペシャルヘルメット
2020年F1第8戦イタリアGP セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)のイタリアGPスペシャルヘルメット

■スクーデリア・フェラーリ
セバスチャン・ベッテル フリー走行1=19番手/2=12番手
 明日もっといい位置に立てるよう、SF1000の改善に取り組んだ。今日のマシンはとても乗りづらかったけれど、それは今年初めてのことではない。

 予想していたとおり、ストレートで後れをとっているが、セクター2でのパフォーマンスを上げるためにバランスの調整に取り組む必要もある。燃料をたくさん積んだ状態では、タイヤの内圧の関係もあって、とても走りづらい。

 予選では100分の数秒差でたくさんのマシンが競うことになるだろう。レースでも似たような状況になるだろうから、難しい戦いになりそうだ。

(走行後の会見で語り)ストレートでタイムを失っている。さらにコーナー入口ではグリップが不足しているために、すごくスライドするんだ。本当に扱いづらくて、1周をうまくまとめるのがとても難しい。

 ロングランで苦労する原因のひとつは、今回指定されたバルーンのようなタイヤ内圧だ(注:ピレリはフロントタイヤの最低内圧を昨年より引き上げた)。これに苦しんでいる。タイヤが走るのに好ましい状態からはかけ離れていると思う。