ゼネラルモーターズとホンダ、北米での戦略的アライアンスに向けての合意を発表

2021年初頭からの共同作業のスタートを目指す

ゼネラルモーターズ(GM)とホンダは、北米での4輪事業におけるアライアンス確立に向けて、幅広い協業の検討を始める覚書を締結した。このアライアンスは、北米にてそれぞれのブランドで販売される車両向けの研究開発、共同購買、コネクテッドサービスなどの領域で協業の可能性を検討するもの。

GMとホンダは、北米の複数のセグメントにおいて、内燃機関エンジンと電動パワートレインを含めたプラットフォームの共有に向けた検討を開始する予定。今後早い段階で共同開発に向けた議論を開始し、2021年初頭には共業のスタートを目指している。

今回の発表は、2020年4月に両社が発表したアルティウム・バッテリーを搭載したGMの「グローバルEVプラットフォーム」をベースに、ホンダ向けの新型電気自動車(EV)2車種を共同開発する内容をベースに合意した。

GMとホンダの協力関係は20年以上前から始まっており、燃料電池やバッテリー、自動運転モビリティサービス事業専用車「Cruise Origin(クルーズ オリジン)」といった協業に取り組んできた実績がある。

GM プレジデントのマーク・ロイスは、今回の協業について以下のように説明した。

「今回の協業は両社が持つリソースの活用により、将来のモビリティ技術への投資を加速することができます。両社の豊富な協業実績があれば、四輪事業において大きな相乗効果を発揮することが可能となるでしょう」

本田技研工業の代表取締役副社長、倉石誠司も以下のようにコメントを発表した。

「新たな協業を通じて、ホンダの商品独自性や優位性は維持しつつ、将来のモビリティ技術への投資に向け、最大市場の北米で大幅なコスト効率の向上が実現可能となります。これにより、強い商品、強いものづくり、強い事業を実現し、既存事業の盤石化を着実に進めていきます」

「今後も両社の強みを活かすことで、独自に進めるもの、協業で進めるものを見極めながら、両社でWin-Winの関係を築き、新たな価値創造に取り組んでいきます」

GMの「グローバルEVプラットフォーム

プラットフォーム共有によるリソースの有効活用

両社間の北米での戦略的アライアンスを通じて、車両のプラットフォームやパワートレインの共有、共同購買、生産効率、そして様々な領域での協業に取り組み、ベストな技術とコスト効率の向上を目指す。これにより、両社は次世代の先進技術領域へ多くの投資を行うことが可能となる。

また、GMとホンダは将来開発するプラットフォームと、パワートレインに関する研究開発費用を共同で負担することも検討している。これにより両社は、将来のモビリティ領域や既存の4輪ビジネスへの投資に向けて、大幅な経営効率向上と資本の有効活用が可能となる。

現在、先進技術の導入はカスタマーや時代変化への対応に必要不可欠とされている。これらの技術開発を効率的に行うため、電子プラットフォーム、次世代ADAS、インフォテインメント、コネクティビティ、V2Xなど、先進技術分野に関する研究開発を両社で行う可能性も検討されている。

2020年4月に両社は、GMのコネクテッドサービス「OnStar(オンスター)」のセーフティ&セキュリティ機能をホンダ向けの新型EV2車種に組み込み、「ホンダLink(ホンダリンク)」に統合することを発表。その機能統合をベースに両社でのOnStar活用を検討し、インフォテインメントを含む将来のコネクテッドサービスについても、共同開発の可能性を検討していく。