ガスリー、レッドブルを破り4番手「驚いた。なぜこれほど速いのか分からない」アルファタウリ・ホンダ【F1第8戦金曜】

 2020年F1イタリアGPの金曜、スクーデリア・アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーはフリー走行1=6番手/2=4番手だった。

 ガスリーはFP1で27周を走行し1分21秒667(ミディアムタイヤ)、FP2では25周のなかで1分21秒121(ソフトタイヤ)をマークした。ガスリーはFP2でレッドブルを上回り、ホンダのパワーユニット(PU/エンジン)搭載車のなかで最上位だった。

 FP2セッション終盤、ダンパーの小さな問題が発覚したことで走行を切り上げた。FP1ではターン11で1回、トラックリミット違反でタイムを抹消されている。

2020年F1第8戦イタリアGP ピエール・ガスリーのアルファタウリAT01にホンダとの50戦目を記念するロゴ
2020年F1第8戦イタリアGP ピエール・ガスリーのアルファタウリAT01にホンダとの50戦目を記念するロゴ

■スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ
ピエール・ガスリー フリー走行1=6番手/2=4番手
 今日は今シーズンここまでで一番うまくいった金曜日だったと思う。午前中は6番手で午後は4番手、マシンの感触はすごくよかった。プッシュすることができ、何周かとてもいいラップを走った。

 残念ながら、セッション終盤、ロングラン走行中にダンパーに小さな問題が起きたために、他のドライバーたちよりも早く走行を終えなければならなかった。それでも全体的に見ればとても満足している。

 モンツァで使っているローダウンフォース・セッティングはとてもうまく機能している。その上、明日に向けてさらに改善できると感じているんだ。

 今回から(予選と決勝をひとつのモードで走らなければならないという)新しいエンジンモード規則が導入されることで、いくつか意外なことが起こるだろうから、状況を見ていこう。

 かなりの接戦だし、ここは予選でトウ(スリップストリーム)がカギになるので、すべてをうまくやることが重要だ。

(走行後の会見で、この日速かった理由について聞かれ)実際のところ分からないんだ。こんなに上位に入ったのを見て驚いている。かなりのローダウンフォース仕様のセットアップがうまくいっているようだけどね。