SUBARU XVがマイナーチェンジ。フェイスリフトやサスペンションの改良を実施【新車】

■e-BOXER搭載車に「SI-DRIVE」と協調するアダプティブ変速制御「e-Active Shift Control」を採用

SUBARU XV
2020年9月4日に発表されたマイナーチェンジ版のSUBARU XV

Cセグメント級クロスオーバーSUVである「SUBARU XV」の大幅改良モデルが2020年9月4日に発表されました。発売は10月8日となっています。

2017年4月に発表の「SUBARU XV」は現行型で3代目で、インプレッサから派生したワゴンとSUVのクロスオーバーだった初代、2代目もインプレッサベースでありながら、200mmの最低地上高によってSUV色を濃くしたモデル。

SUBARU XV
新デザインの18インチアルミホイール

今回のマイナーチェンジでは、フロントフェイスやアルミホイールに新デザインが採用されるなど、エクステリアが刷新されています。ホイールには、新デザインの17インチアルミホイール(切削光輝)、同じく新デザインの18インチアルミホイール(切削光輝)を採用。

SUBARU XV
SUBARU XVの新色「プラズマイエロー・パール」

ボディカラーでは「プラズマイエロー・パール」が新たに設定され、スタイリッシュさとSUVらしい力強さがより高められています。

SUBARU XV
ビッグマイナーチェンジを受けたXVのインテリア

一方のインテリアも、「1.6i-L EyeSight」と「Advance」の仕様を変更。カラーコーディネートやシート表皮が見直され、より上質で先進的な印象に仕立てられています。

SUBARU XV
e-BOXER搭載車に「SI-DRIVE」と協調するアダプティブ変速制御「e-Active Shift Control」を用意

また、走りの質感向上が図られているのも朗報で、全車サスペンションが改良され、SUVらしいしなやかさとスポーティな乗り味を両立したとしています。さらに、e-BOXER搭載車に「SI-DRIVE」と協調するアダプティブ変速制御「e-Active Shift Control」が新たに採用されています。「e-Active Shift Control」により、スポーティかつ走りの楽しさを演出。

安全性能では、見通しの悪い交差点や、駐車時や発進時にドライバーの視界をサポートする「フロントビューモニター」がオプション設定されています。

(塚田勝弘)

【車両本体価格(消費税込み)】

●1.6L 水平対向4気筒 DOHC
・1.6i EyeSight 220万0000円
・1.6i-L EyeSight 233万2000円
・1.6i-L EyeSight ルーフレール装着車 238万7000円

●2.0L 水平対向4気筒 DOHC直噴+モーター(e-BOXER)
・2.0e-L EyeSight 265万1000円
・2.0e-L EyeSight ルーフレール装着車 270万6000円
・2.0e-S EyeSight 287万1000円
・2.0e-S EyeSight ルーフレール装着車 292万6000円
・ADVANCE 292万6000円
・ADBANCE ルーフレール装着車 298万1000円