レクサスが「LBX」を商標登録!新型コンパクトSUVの可能性

■「UX」よりコンパクト、全輪駆動のF Sportも設定か?

トヨタ ヤリス クロス_005
トヨタ ヤリス クロス

レクサスは、先日「RZ 450e」を商標登録していることがわかりましたが、今度は「LBX」商標登録申請していることが判明しました。

レクサスはクロスオーバーSUVに「X」の文字を採用していることから、新型クロスオーバーSUVの可能性があります。すでに5月には「ヤリスクロス」ベースのクロスオーバーとして「BX」という名称の新型モデルが予想されており、LBXがそれにあたるのは濃厚と言えそうです。

トヨタ ヤリス クロス_003
トヨタ ヤリス クロス

情報によると、アーキテクチャには「TNGA」のGA-Bプラットフォームを採用、レクサス最新の大型スピンドルグリルと、おなじみのヘッドライトを備え、エントリーSUV「UX」よりコンパクトなサイズになるといいます。

キャビン内はヤリスクロスと共有すると見られ、インフォテインメントシステムなどの一部のレクサスパーツ、および高品質の素材と室内装飾品、トリムオプションなどを装備するはずです。

パワートレインは、1.5リットル直列3気筒エンジン+電気モーターのハイブリッドで、より強力な全輪駆動の「F Sport」の設定も有力だといいます。

(APOLLO)