トヨタ『GRヤリス』が発売開始。価格は265~456万円、発売を記念したオンラインイベントも開催

 TOYOTA GAZOO Racingは9月4日、新型車である『GRヤリス』を同日より全国のトヨタ車両販売店を通じて発売するとともに、発売を記念するオンラインイベント『GR YARIS ONLINE FES』を9月16日に開催すると発表した。

 今回発売が開始されたGRヤリスは、WRC世界ラリー選手権に参戦するTOYOTA GAZOO Racing WRT(World Rally Team)に学んだ『WRCで競争力あるクルマづくり』や、社外プロドライバーによる開発初期からの評価によって、世界のあらゆる道でも思い通りに操れ『誰もが安心して意のままに運転できる』クルマとして誕生。

 車両の開発では、トヨタのマスタードライバーであるモリゾウの『トヨタのスポーツカーを取り戻したい』という想いのもと、モータースポーツ用の車両を市販化するという逆転の発想で行われたトヨタ初のモデルだ。空力、軽量、高剛性を追求した車両パッケージに加え、新開発された1.6リッター直列3気筒インタークーラーターボエンジンのハイパワーを、新開発スポーツ4WDシステム“GR-FOUR”が余すことなく4輪に伝達してくれるという。

 GRヤリスはベースモデルとなる“RZ”、1.5リッターのFFで気軽に走りを楽しめる“RS”、そして競技ベース用の“RC”という3つのグレードが用意され、RZにはトルセンLSDなどを標準装備し、より限界性能を高めた“High performance”モデルも設定されている。

トヨタGRヤリス RS(プレシャスブラックパール)
トヨタGRヤリス RS(プレシャスブラックパール)
トヨタGRヤリス RC(プラチナホワイトパールマイカ)
トヨタGRヤリス RC(プラチナホワイトパールマイカ)
トヨタGRヤリス RZ“High performance”(プラチナホワイトパールマイカ)
トヨタGRヤリス RZ“High performance”(プラチナホワイトパールマイカ)

 生産は数々のトヨタスポーツモデルを造ってきた元町工場で行われ、工場には専用ラインの“GR FACTORY”を新設し、『匠』の技能を有する従業員が組み上げを行う。発売に合わせ各モデルの価格も公表され、消費税込みのメーカー希望小売価格は、RSが265万円、RCが330万円、RZが396万円となり、最上級グレードのHigh performanceは456万円となっている。

 そして、TOYOTA GAZOO Racingは、GRヤリスの発売を記念し、9月16日(水)19時30分からオンラインイベント『GR YARIS ONLINE FES』を、TGR公式YouTubeチャンネルで開催する。

 このイベントでは、GRヤリスの開発に込めた想いや開発ヒストリー、GR FACTORYについてが伝えられ、さらにマスタードライバーであるモリゾウこと、トヨタ自動車代表取締役社長の豊田章男氏が運転するGRヤリスの走りを、VR(Virtual Reality)で体験できる機会もあるという。

 VRを体験するには、スマートフォンと簡易的なVRゴーグルを用意しなければならないが、あのモリゾウと一緒にGRヤリスを同乗できるまたとない機会なので、ゴーグルを用意する価値はありそうだ。もちろん、VRゴーグルがなくても視聴できる2D映像も配信が予定されている。

 9月4~6日に富士スピードウェイで開催されているピレリスーパー耐久シリーズ2020『NAPAC 富士SUPER TEC 24時間レース』でも、ROOKIE Racingが走らせるGRヤリスのステアリングを握っているモリゾウ。自身がテストドライバーを努め、いよいよ発売が開始されたGRヤリスでどんな走りを見せてくれるか期待したいところだ。

2020年の富士24時間レースでMORIZOもステアリングを握るROOKIE Racing GR YARIS
2020年の富士24時間レースでMORIZOもステアリングを握るROOKIE Racing GR YARIS

 GRヤリスの各モデル、GR YARIS ONLINE FESの詳細については、TOYOTA GAZOO RacingのGRヤリス公式ホームページ(https://toyotagazooracing.com/jp/gr/yaris/)をチェックしてほしい。

トヨタGRヤリスのインテリア
トヨタGRヤリスのインテリア
トヨタGRヤリス RZ(エモーショナルレッドⅡ)
トヨタGRヤリス RZ(エモーショナルレッドⅡ)
VR試乗体験のイメージ
VR試乗体験のイメージ