ベントレーモータースポーツ、ワークス活動を休止してプライベーター支援にシフト

Bentley Continental GT3

ベントレー コンチネンタル GT3

新型コロナウイルス感染拡大を受けてプログラムを変更

ベントレーモータースポーツは、カスタマーチームを通じて2020年の「インターコンチネンタルGTチャレンジ」にフル参戦することを決定した。この結果、ワークスドライバーたちはすでにポイントを獲得している選手権への活動を継続することが可能になった。

ベントレーモータースポーツは、ワークスチームの「ベントレーチームMスポーツ」から参戦したマキシム・スール(ベルギー)、ジョーダン・ペッパー(南アフリカ)、ジュール・グーノン(フランス)が、シーズンの幕開けとなったバサースト12時間で優勝。しかし、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けてシーズンは休止状態になってしまう。

シリーズ再開を前に、ベントレーは技術パートナーであるMスポーツとプログラムの見直しを行い、カスタマーレースプログラムを優先させることを決定。2020年シーズンのインターコンチネンタルGTチャレンジへのワークス参戦を中断することで合意した。

バサーストで勝利した、マキシム・スール、ジョーダン・ペッパー、ジュール・グーノン

3名のワークスドライバーが「K-PAX」から参戦

今回、ベントレーモータースポーツのサポートを受けるカリフォルニア州ソノマを拠点とする「K-PAXレーシング」は、これまでヨーロッパを中心に活動したきた。

そして、再開するインターコンチネンタルGTチャレンジの第2戦「インディアナポリス8時間レース」へのエントリーを決めた。ドライバーは、スール、ペッパー、グーノンという、バサーストで優勝したワークストリオ。彼らはドライバーズタイトルを狙い、1台体制でのレースに臨むことになった。

シリーズ第3戦となる「スパ24時間レース」には、Mスポーツのテクニカルサポートを受けた3チームから、5台のコンチネンタルGT3が参戦。「K-PAXレーシング」「CMR」「チーム・パーカーレーシング」という、カスタマーチームによる総力戦が展開されることになった。このレースも、スール、グーノン、ペッパーは「K-PAXレーシング」から参戦する。

そして、12月にはコンチネンタルGT3の開発を担当してきた「Mスポーツ」が、2台のコンチネンタルGT3で、南アフリカ・キャラミで行われる「キャラミ9時間レース」に参戦することが決まっている。

インターコンチネンタルGTチャレンジにプライベーターを支援して復帰するベントレー

王座を狙うために体制をフレキシブルに変更

ベントレーのモータースポーツ担当ディレクターを務めるポール・ウィリアムズは、今回の決定に関して次のように説明した。

「インターコンチネンタルGTチャレンジは、世界のGTレースの最高峰であり、メーカーとして、私たちが戦うべき場所です。今回、拡大しているカスタマーチームを通じて、私たちはタイトル争いを続けることができるようになりました。4つのチームがタイトル争いに貢献する可能性を秘めていますが、これは本当にエキサイティングなことです。彼らと王座を共に勝ち獲ることができれば、私たちのカスタマーレースプログラムにとって素晴らしい成果となるでしょう」

「K-PAXレーシングはこれまでヨーロッパで戦ってきましたが、母国アメリカでのレース参戦も、一切問題はありません。我々のワークスドライバーたちは、王座獲得を目指しています。彼らが自分たちのチームではなく、体制を変更した上で全3戦への参加に同意してくれました。改めて感謝しています」

「Mスポーツが、2台のコンチネンタルGT3をキャラミで走らせることができるのは、誰もが喜ぶことだと思います。彼らのサポートと犠牲なしには、このカスタマーレースプログラムを続けることはできませんでした。年末にカスタマーチームとして彼らがグリッドに戻ってくるのを見るのは、ベントレーとしても予想していなかったことです。ホームにいるファンはきっと大興奮することでしょう」

今後のスケジュールは、「カリフォルニア8時間」に代わって開催される「インディアナポリス8時間」が10月4日に開催。「スパ24時間レース」はレース中に夏時間から冬時間に変わるため、今年は実質25時間以上のレースとなり、10月24日にスタート。そして12月12日の「キャラミ9時間レース」でシーズンが締めくくられる。